Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

イオン銀、指紋と静脈認証による本人認証をスタート - カードや暗証番号不要

イオン銀行は、指紋認証と静脈認証のみで銀行取引が行える取り組みを開始した。国内銀行初としており、5店舗に先行導入後、2018年度上期をめどに全店舗への導入する予定。

指紋認証と静脈認証の2要素生体認証システムによる取引サービスを提供するもので、同行の店頭とATMにて提供する。ATMにおける現金の引き出しや入金手続き、店頭での住所変更やカード再発行など、キャッシュカードや印鑑、本人確認書類なしに手続きが行えるようになるという。

Liquidが開発した認証システムを活用。専用端末に指をかざすことで数秒で本人認証を行う。認証に利用する専用サーバは同行のデータセンターに設置。指紋や静脈情報は暗号化し、復元できない状態で保存するとしている。

イオン銀行神田店、イオンモール津田沼店、イオンモール各務原店、イオンモールナゴヤドーム店、イオンモール大高店の5店舗へ先行導入し、利用者の意見を踏まえた上で順次導入店舗を拡大。2018年度上期に全店舗への導入を目指している。

(Security NEXT - 2017/11/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
定義ファイル非依存のエンドポイント向け製品に新版 - ソフォス
ジェムアルト、指紋認証に対応した決済カード
プルーフポイント、「DMARC」を活用した「BEC」の対策製品
スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
ブロックチェーンを活用したIoT機器のプロビジョニングシステム
過去のログイン情報でなりすましを防ぐ「リスクベース認証」の新版 - Capy
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
NECとCEC、基幹系システムに対応した認証印刷ソリューション