Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

元従業員が取引先情報を無断持出 - システム開発会社

システム開発やソフトウェアの販売などを展開するゼネテックは、元従業員が取引先の情報を無断で持ち出していたことを明らかにした。警察への通報や告訴の準備など、対応を進めている。

同社によれば、同社のエンジニアリングソリューション本部に関する取引先との取引情報などを、元従業員が無断で社外に持ち出したもの。同社の他部門に関する情報は含まれないという。

同社では判明後、警察へ通報、告訴の準備を進めている。また持ち出された情報の拡散を防ぐための対応も行っているという。

(Security NEXT - 2017/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

子会社の元従業員が顧客情報を持ち出し、すでに回収済み - DMG森精機
福島原発事故の損害賠償請求者に関する個人情報を紛失 - 東電
患者情報が所在不明に、忘年会の荷物置場からなくなる - 横浜市立大病院
元社員が経営幹部などの求職者情報を持ち出し - リクルート関連会社
誤って持ち帰った患者情報が所在不明に - 横浜市立大付属医療センター
委託先従業員が顧客クレカを不正利用 - ビューカード
小学校4校の児童個人情報含むHDDを紛失 - 気を失った間に持ち去り
消防本部で高齢者世帯名簿を紛失 - 岐阜市
コインロッカー未施錠に気付かず個人情報盗難被害 - 堺市
ソフバンテク、内部でマルウェア感染を確認 - 取引先情報含むサーバへ不正アクセス