Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバー大学、「AIテクノロジープログラム」を新設

サイバー大学は、IT総合学部に「AIテクノロジープログラム」を新設した。AI人材の育成を目指すとしている。

同大学は、ソフトバンクグループが提供するインターネットを活用した通信制の大学。「テクノロジーコース」内に、「ネットワークプログラム」「セキュリティプログラム」「ソフトウェアプログラム」に続きあらたに同プログラムを設置した。

同プログラムでは、AIのアプリケーション開発やAIを用いた課題解決について学習。コンピュータサイエンスや数学の基礎をベースに、AIの各種手法や理論、AIを具現化するプログラミングやデータ分析のスキル、社会課題やビジネス課題にAIを適用する力などを身に付けることができる。

2017年度秋学期に、「AI(人工知能)入門」と「Pythonプログラミング演習」を新規開講。2018年度秋学期以降には、「AIアルゴリズム基礎(仮)」「AIプログラミング(仮)」などの開講を予定している。

(Security NEXT - 2017/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コンテナランタイム「runc」の脆弱性、実証コードが複数公開 - 早期対策を
約半数が「AI家電への個人情報提供に不安」 - 1年で10ポイント増
「Exchange Server」の深刻な脆弱性、MSがアップデートを開発中
「Adobe Reader」に未修正の脆弱性 - 「NTLMハッシュ」窃取のおそれ
「runc」に脆弱性、コンテナからホスト管理者権限でコード実行されるおそれ
政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
32764番と37215番ポートへのアクセス増 - 複数メーカーのルータ脆弱性狙いか
企業採用担当者や学生の個人情報を誤って公開 - 奈良先端大
「宅ふぁいる便」への不正アクセス、顧客情報約480万件の流出を確認
政府がセキュ月間で「約ネバ」とタイアップ - 「抗え。この世界(インターネット)の脅威に。」