Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NRIとMS、「金融デジタルイノベーションコンソーシアム」を設立

野村総合研究所(NRI)と日本マイクロソフトは、「金融デジタルイノベーションコンソーシアム」を11月1日に設立する。

20171030_nm_001.jpg
記者会見に登壇した高橋氏(画面左)と横手氏(同右)

同団体は、金融事業者が抱える共通の課題について、クラウドなどを活用したデジタルトランスフォーメーションの推進により、課題の解決を図ることを目指すコンソーシアム。

具体的には、金融事業者に求められるコンプライアンスやセキュリティを確保しつつ、働き方改革など、金融事業者における非競争領域分野について業務効率化などを目指す。

参加企業では情報を共有。標準化やリファレンスアーキテクチャーを設定し、業務改善やコスト削減、IT投資の最適化など収益の向上を目指すという。

セキュリティやコンプライアンスを踏まえた上でクラウド基盤の標準化を目指す「金融クラウド活用」をはじめ、「高度なデータ活用」「FinTech関連新技術」などをテーマとするワーキンググループを設置。実証実験を進めたいとしている。

(Security NEXT - 2017/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットバンク不正送金被害、5年半ぶりの低水準 - 被害額1億円を割り込む
Yahoo!メール、なりすまし対策で企業アイコンを表示 - DKIMを利用
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通過取引所やFX事業者が初参加
金融分野におけるサイバーセキュリティ取組方針を改訂 - 金融庁
2018年2Qの不正送金被害は2.4億円 - 法人個人いずれも増加
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
2017年のフィッシング報告は前年から減少 - 誘導先URLは1.7倍に
2018年1Qの不正送金被害は1.8億円 -被害額は個人で倍増、法人は54分の1に