Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NRIとMS、「金融デジタルイノベーションコンソーシアム」を設立

設立時点では11社が参加。設立時点で金融機関の参加はないが、今後各社の取引先である金融機関に対して参加を呼びかける。

マイクロソフトでは事務局を務めるほか、「Microsoft Azure」を活動における基盤として提供するほか、各種技術支援を行うと。またNRIでは、コンソーシアム内の各ワーキンググループの議論や活動などを推進する。

野村総合研究所執行役員金融ITイノベーション事業本部副本部長の横手実氏は、IT活用の先導者だった金融業界が世の中の早い動きについていけず、消費者から金融サービスが不便と感じることもあると指摘。セキュリティを守りつつ、既存のビジネススキームのなかで、リソースをシェアしながらコストダウンできる方向性を模索し、解決策を見つけ出す必要があると指摘した。

また日本マイクロソフト執行役員パートナー事業本部長の高橋美波氏は、マイクロソフトではコンソーシアムにソリューションを紹介し、現場における問題解決について積極的に協力していくが、必ずしも同社「Azure」に限定したものではないことを強調。他クラウド事業者の参加なども呼びかけていく。

設立当初の参加企業は以下のとおり。

野村総合研究所
日本マイクロソフト
インテック
インフォシス
新日鉄住金ソリューションズ
電通国際情報サービス
日本システム技術
日本ビジネスシステムズ
日本ユニシス
ニューメリカルテクノロジーズ
FIXER

(Security NEXT - 2017/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシング報告数が再び10万件超に - 目立つ料金督促の偽装
フィッシングURLが前月比約84%増 - 使い捨てURLを悪用
2023年4Qの不正送金、減少するも高水準 - 平均被害額は大幅増
サイバー攻撃で狙われ、悪用される「正規アカウント」
フィッシング報告が前月比約35%減 - 悪用URLは約23%増
転職による年収アップ、「セキュリティエンジニア」がトップ
1月のフィッシング、独自ドメイン使用する送信元メアドが増加
暗号資産交換業者への不正送金対策を強化 - 金融庁ら
フィッシングURLが急増 - 4割近くが「Cloudflare Workers」のドメイン
2023年3Qの不正送金 - 被害額が約1.5倍に拡大