Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

J-CSIP、「やりとり型」の標的型攻撃を確認 - 日本語ばらまき型メールも巧妙化

2017年第3四半期にサイバー情報共有イニシアティブ(J-CSIP)へ提供された情報提供のうち、「標的型攻撃メール」は3件だった。「やりとり型」攻撃が確認されている。

同四半期におけるJ-CSIPの運用状況を情報処理推進機構(IPA)が取りまとめたもの。J-CSIPは、サイバー攻撃の被害拡大防止を目的に2011年10月に発足。参加組織により情報を共有している。

同四半期は、「化学業界SIG(Special Interest Group)」「航空業界SIG」「物流業界SIG」「鉄道業界SIG」があらたに発足。またクレジット業界で参加組織が増え、11業界190組織で情報を共有している。

同四半期に参加組織から寄せられた不審メールに関する情報提供は57件。前四半期の1213件から大幅に縮小した。重複や共有対象外の情報を除き、IPAが入手した情報10件を含むあわせて17件の情報について、参加組織で共有している。

(Security NEXT - 2017/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年度上半期の標的型攻撃相談155件 - 添付ファイル暗号化、PW別送の手口に注意
アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
定義ファイル非依存の標的型攻撃対策製品市場、前年比29.9%増 - 今後も高成長との予測
J-CSIP、3Qに標的型攻撃情報39件を共有 - 8月上旬に「iqyファイル」大量ばらまきも
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験
「Trend Micro CTF 2018」が開催 - 9月に予選、決勝は12月
2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ