Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

拠点間データ通信を保護する暗号化アプライアンス - 日立産業制御

日立産業制御ソリューションズは、ゲートウェイとして設置することにより拠点間のデータ通信を保護する暗号化アプライアンス「S.COATBOX/DS」を発売した。

同製品は、既存のインターネット環境にゲートウェイとして設置することで、拠点間のデータ通信を保護するアプライアンス製品。定期的な鍵更新や拠点増設時に作業を軽減する「鍵付け替え技術」を搭載したソフトウェアを活用している。

参考価格は、最小構成2台以上で66万5280円から。別途保守費用が必要。同社では、2020年度までに年間2億円の受注を目指すとしている。

(Security NEXT - 2017/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載
iOS向けにアカウント流出や脆弱な無線LANをチェックできるアプリ - Avast
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
「TLS 1.3」サポートした「OpenSSL 1.1.1」がリリース - 「同1.0.2」は2019年末にサポート終了
「GUARDIANWALLシリーズ」に新版 - キヤノンITS
点在ファイルサーバの一元管理ソフト - NEC
ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応