Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

拠点間データ通信を保護する暗号化アプライアンス - 日立産業制御

日立産業制御ソリューションズは、ゲートウェイとして設置することにより拠点間のデータ通信を保護する暗号化アプライアンス「S.COATBOX/DS」を発売した。

同製品は、既存のインターネット環境にゲートウェイとして設置することで、拠点間のデータ通信を保護するアプライアンス製品。定期的な鍵更新や拠点増設時に作業を軽減する「鍵付け替え技術」を搭載したソフトウェアを活用している。

参考価格は、最小構成2台以上で66万5280円から。別途保守費用が必要。同社では、2020年度までに年間2億円の受注を目指すとしている。

(Security NEXT - 2017/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
日立、ランダムノイズで解読防ぐあらたな暗号通信技術を開発
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
チェックポイント、クラウド向けに「CloudGuard」 - SaaSのアカウント乗っ取り対策など提供
ラックとTRIART、ブロックチェーン応用した分散暗号化技術の開発で協業
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
カスペ、スマホ向けにWi-Fi通信を保護するVPN製品
EGセキュアら、「無線LAN脆弱性診断サービス」を提供開始
不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ