Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

拠点間データ通信を保護する暗号化アプライアンス - 日立産業制御

日立産業制御ソリューションズは、ゲートウェイとして設置することにより拠点間のデータ通信を保護する暗号化アプライアンス「S.COATBOX/DS」を発売した。

同製品は、既存のインターネット環境にゲートウェイとして設置することで、拠点間のデータ通信を保護するアプライアンス製品。定期的な鍵更新や拠点増設時に作業を軽減する「鍵付け替え技術」を搭載したソフトウェアを活用している。

参考価格は、最小構成2台以上で66万5280円から。別途保守費用が必要。同社では、2020年度までに年間2億円の受注を目指すとしている。

(Security NEXT - 2017/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

STM、セキュリティモジュールを実装した車載用プロセッサ
HPE、「IceWall SSO」に新版 - 複数認証レポジトリに対応
Windows端末内の個人情報を削除、暗号化するソフト - AOSデータ
NEC、IRMソリューションを機能強化 - 「OneDrive」に対応
凸版印刷、共通鍵暗号方式によるIoT機器向けデータ保護サービス
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
BBSS、ネット詐欺対策製品に対ランサムウェア機能を追加
Avast、モバイル向けセキュリティアプリを刷新 - AVGの検出技術を統合
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
トヨタ九州とTRIART、秘密分散技術によるデータ保護システムを工場で運用開始