Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サポート終了直前「Office 2007」、9月末時点で8.6%が利用

「Office」利用者において、「同2007」が占める割合は8.6%にのぼり、サポート終了直前にもかかわらず、1割弱の端末で利用されていた。

台数ベースで見ると、同社が把握しているだけで9月末の時点において、「Office 2007」が利用されている端末は、少なくとも40万6132台にのぼる。2017年1月末時点の53万7814台から改善は見られるものの、13万台ほどの減少にとどまった。

4月にサポートが終了した「Windows Vista」に関しては、サポート終了よりまもなく半年を迎えるが、サポートが終了した4月の12万5352台から徐々に減りつつあるものの、全体の1.6%にあたる7万1530台で利用されていた。

2016年の段階で「Office 2007」では22件、「Windows Vista」では128件の脆弱性が見つかっており、トレンドマイクロは、発売から10年を経過しても脆弱性が引き続き確認されていると危険性を指摘。サポート中の製品へアップグレードを実施するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WordPressの人気テーマ「Divi」に深刻な脆弱性
Ciscoの複数ネットワーク管理製品に深刻な脆弱性 - 認証回避や遠隔操作のおそれ
IoT機器で広く採用される「Treck TCP/IP Stack」に深刻な脆弱性
横河電機の制御システム向けアラーム管理ソフトに複数脆弱性
「SKYSEA Client View」に脆弱性 - 緊急対応を
セキュアブート回避の脆弱性「BootHole」が判明 - LinuxやWindowsに影響
「BIG-IP」脆弱性問題でF5が侵害の調査方法を公開 - 米政府も注意喚起
Cisco ASAに脆弱性、悪用も確認 - 早急に更新を
トヨタ自動車の故障診断ツールに脆弱性 - ECU間の通信に判明
「Firefox 79」がリリース - 脆弱性10件を修正