Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立とNEDO、多層的な監査で異常検知する新技術 - 制御システム向けに提供

日立製作所と新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、制御システム向けにあらたなサイバー攻撃の検知アルゴリズムを開発した。12月をめどに実用化を目指している。

今回開発したのは、正常なシステム状態を多層的に定義し、異常を検知するアルゴリズム。内閣府が進める戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)のもと、重要インフラ分野における制御システムのセキュリティ強化を目的に研究を進めてきた。

同技術では、入力された正常時のデータを分析。要素や値などの組みあわせについて正常値と定義し、これら定義の自動生成を繰り返すことで多層的な監査アルゴリズムを構成し、システムの異常を検知する。

くわえて、あらたに開発した独自の機械学習エンジンにより、構成の変更や機能追加によるシステムの差分を自動的に反映できるという。

(Security NEXT - 2017/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マカフィーが「EDR」を国内展開 - 調査支援機能を搭載
DNSクエリで不正通信遮断するクラウドサービス - 教育実施も
クラウド型ウェブゲートウェイにログ分析オプション
米Palo Alto、IoTセキュリティのZingboxを買収
IoT機器向けに軽量の改ざん検知SDK - 実行中にも対応
詐欺サイト対策ソフトが「Edge」や「Safari」に対応 - BBSS
ラック、顔認識でショルダーハッキングを防止するソフト
メール宛先ミスを機械学習で検知するオプション - NTT-TX
ランサム「Yatron」「FortuneCrypt」の復号化ツールが公開
ブランド悪用アプリや機密情報漏洩の検知サービス