Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェア感染メールの割合が5カ月連続で上昇 - 「Necurs」復活が影響か

マルウェアの感染を目的としたメールの比率が、5カ月連続で上昇している。ウェブ経由の攻撃も微増した。

米Symantecが、同社における8月の観測状況を取りまとめたもの。

同月に同社が確認したマルウェアのあらたな亜種は5420万件。前月の5870万件を下回った。4月から4カ月連続で減少しているが、2016年12月の1950万件と比較すると、約3倍の水準となっている。

同社が遮断したウェブ経由の攻撃は、1日あたり124万1000件。前月の115万9000件を上回った。4月以降、5カ月連続で100万件を超えた状態が続いている。

(Security NEXT - 2017/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
特定ルーター狙う攻撃が8割以上 - 「ThinkPHP」も標的に
個人の半数がデータ消失経験 - 1割はバックアップせず
2割強の企業が過去1年間にPCやスマホ紛失を経験
Androidマルウェア、検知数が 前年比約1.7倍に - 新種ランサムは9分の1
2018年はDDoS攻撃26%増、「じゅうたん爆撃DDoS攻撃」など巧妙化
アダルトサイト有料会員狙う攻撃が拡大 - ダークウェブで売買されるアカウント
警察庁、年間6740件の標的型攻撃を把握 - 9割は「ばらまき型」