Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Struts 2」の公開済み脆弱性、ラックでは攻撃未確認

「Apache Struts 2」に深刻な脆弱性が判明した問題で、ラックは同社SOCにおいて、9月6日夕方の時点で攻撃を検知していないことを明らかにした。

「Apache Struts 2」において「RESTプラグイン」を使用している場合に、リモートよりコードの実行が可能となる脆弱性「CVE-2017-9805」が判明したもの。すでに悪用コードが公開されている

ラックは、同脆弱性を悪用することでOSのコマンドを実行可能であることを確認したとした上で、9月6日17時の時点では同社セキュリティオペレーションセンター「JSOC」において攻撃を検知していないことを明らかにした。

しかしながら、同脆弱性の危険度は高く、「Apache Struts 2」を利用していないか早急に確認し、アップデートなど、対応を講じるよう注意を呼びかけている。

また「Apache Struts 1」への影響については、「RESTプラグイン」が存在しないことを理由に影響を受けないのではないかとの見方を示した。

(Security NEXT - 2017/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Struts 2」に対する脆弱性攻撃が発生 - 3月の攻撃と類似点も
深刻な脆弱性で「Apache Struts 2.3」系もアップデート - 緩和策も
「Apache Struts 2.5.13」がリリース - 深刻な脆弱性など修正
「Apache Struts 2」の脆弱性、悪用コードが公開済み - 関連機関が注意喚起
「Apache Struts 2」にリモートより攻撃可能な脆弱性 - 「Struts 1 Plugin」利用時に影響
「Struts 2」脆弱性狙うアクセスが継続中 - 当初の暫定対策だけでは危険
Cisco、「Apache Struts 2」脆弱性の影響受ける製品リストを更新
都税クレカ払いサイトが4月24日より再開 - 都「安全性を確認」
「Struts 2」の脆弱性で複数VMware製品向けに修正プログラム - 一部保留も
「Apache Struts 2」の脆弱性、一部代替パーサーでも攻撃が成立