Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Pマーク事業者の個人情報関連事故、2016年度は843組織2044件

また、「プログラムやシステムの設計、作業ミス」による漏洩は89件、「不正アクセスや不正ログイン」が原因の漏洩は57件で、いずれも前年度から倍増。「マルウェア感染」に起因する漏洩は4件だった。

盗難を見ると、「置き引き」が37件で「車上荒らし」が9件。「内部不正」に起因する事故は7件だった。また消失や破壊による事故も6件が報告されている。

20170831_pm_002.jpg
その他漏洩の内訳(表:JIPDEC)

(Security NEXT - 2017/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マイナンバー再委託問題でPマーク認定事業者に注意喚起 - JIPDEC
Pマーク、2017年度の事故報告は2399件 - 4件に1件は「メール誤送信」
Pマーク制度とPIPA制度の相互承認プログラムが終了
Pマーク事業者に関する苦情や相談、2015年度は329件
2015年度はPマーク事業者796社で1947件の個人情報関連事故
Pマーク事業者の個人情報関連事故は1646件 - 「紛失」が最多
ウェブサービスへの個人情報登録、信頼するポイント「会社名を知っている」が6割
半数がセキュリティ専門職の「採用計画なし」
不正アクセスやマルウェアによる個人情報漏洩を2割弱が経験
Pマーク事業者の事故、年間1627件 - プログラムミスは74件