Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JIPDEC、ECサイト関連事業者にセキュ対策徹底を呼びかけ - 啓発セミナーも開催

プライバシーマーク制度を運用している日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)は、eコマースサイトにおいてクレジットカード情報などの個人情報が流出する事故が増加しているとして、関連事業者に対して対策の徹底を呼びかけている。

ECサイトにおける事故の増加を受けてあらためて基本的なセキュリティ対策を講じるよう注意喚起を行ったもの。OSやソフトウェアに関するバージョン管理、脆弱性情報の定期的な確認、パッチ適用体制の構築などを求めた。

さらに脆弱性診断の実施、不正アクセスを検知するしくみの導入、不正アクセスを検知した際の対応手順や体制の構築、従業員へのセキュリティ教育などを挙げている。

またサイトの構築や運用を外部に委託する場合は、自社と同等の実施体制を構築できる委託先を選定し、契約にあたっては実施する業務をできる限り具体的かつ明確にすることを重要とした。

サイト運用業務の受託事業者に向けては、パッチを適用する必要性の提案など委託元に対して必要な情報を提供するよう呼びかけている。

注意喚起とあわせて、同協会ではオンラインセミナー「ECサイトによる個人情報の漏えい事故を防ぐために」を10月28日に開催する。ウェブサイトのセキュリティに詳しいEGセキュアソリューションズ取締役CTOの徳丸浩氏を招き、事例を踏まえつつ、セキュリティ対策において注意すべきポイントを解説する。参加費は無料で定員となり次第締切となる。

(Security NEXT - 2022/10/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングURL、ピークの9月から2カ月で半減 - 「偽Amazon」が急増
4人に1人は機密性高いPDFファイルでもPWや権限を設定せず
サイバー攻撃で一部電子カルテを閲覧できず - 金沢西病院
「VMware ESXi」や「VMware vCenter Server」に脆弱性 - アップデートが公開
バッファローの複数Wi-Fi関連製品に脆弱性 - ファームウェアの更新を
「オリコ」装うフィッシング攻撃の報告が増加 - 15種類以上の件名
サーバに不正アクセス、サイトを一時停止 - バンタン
クレカ情報流出の可能性、一部不正利用も - コーヒー豆通販サイト
IPA、独政府「産業制御システムの10大脅威」の日本語版を公開 - チェックリストも
「Oracle Fusion Middleware」の既知脆弱性に対する攻撃が発生