Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JIPDEC、ECサイト関連事業者にセキュ対策徹底を呼びかけ - 啓発セミナーも開催

プライバシーマーク制度を運用している日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)は、eコマースサイトにおいてクレジットカード情報などの個人情報が流出する事故が増加しているとして、関連事業者に対して対策の徹底を呼びかけている。

ECサイトにおける事故の増加を受けてあらためて基本的なセキュリティ対策を講じるよう注意喚起を行ったもの。OSやソフトウェアに関するバージョン管理、脆弱性情報の定期的な確認、パッチ適用体制の構築などを求めた。

さらに脆弱性診断の実施、不正アクセスを検知するしくみの導入、不正アクセスを検知した際の対応手順や体制の構築、従業員へのセキュリティ教育などを挙げている。

またサイトの構築や運用を外部に委託する場合は、自社と同等の実施体制を構築できる委託先を選定し、契約にあたっては実施する業務をできる限り具体的かつ明確にすることを重要とした。

サイト運用業務の受託事業者に向けては、パッチを適用する必要性の提案など委託元に対して必要な情報を提供するよう呼びかけている。

注意喚起とあわせて、同協会ではオンラインセミナー「ECサイトによる個人情報の漏えい事故を防ぐために」を10月28日に開催する。ウェブサイトのセキュリティに詳しいEGセキュアソリューションズ取締役CTOの徳丸浩氏を招き、事例を踏まえつつ、セキュリティ対策において注意すべきポイントを解説する。参加費は無料で定員となり次第締切となる。

(Security NEXT - 2022/10/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市