Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JIPDEC、YouTubeチャンネル「デジタルトラストチャンネル」を開設

日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)は、公式YouTubeチャンネル「デジタルトラストチャンネル」を開設した。

同チャンネルは、インターネット上のデータの改ざんや送信元のなりすましなどを防止する「デジタルトラストサービス」に関する情報を配信する同協会公式の動画チャンネル。

手はじめに、電子文書の発信元の組織と完全性を保証するために法人に発行されるeシールの活用事例「eシールの標準企業コード登録管理事業の活用事例」など5本の動画を公開した。

今後は、導入事例やトラストサービス選定にあたってのポイント、デジタルトラストの動向などの情報を発信するとしている。

同協会では、これまでも「プライバシーマークチャンネル」を解説し、プライバシーマークに関する情報の配信なども行っている。

(Security NEXT - 2021/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ啓発動画のコンテスト開催 - トレンド
2021年2Qのセキュ相談12%増 - 偽宅配業者SMS関連が大幅増
米NSA、セキュアなオンライン会議を導入するためのガイダンス
2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
制御システムのリスク分析を解説するセミナー - IPA
個情委、LINEへ委託先監督義務で行政指導 - 外国第三者提供については指導なし
防御演習「CYDERオンライン」ベータ版受講者を募集 - NICT
スピーディで手軽な「eKYC」 - 「個人情報漏洩」への不安も
無線LANのセキュ対策学べるオンライン講座 - 総務省
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加