Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JIPDEC、YouTubeチャンネル「デジタルトラストチャンネル」を開設

日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)は、公式YouTubeチャンネル「デジタルトラストチャンネル」を開設した。

同チャンネルは、インターネット上のデータの改ざんや送信元のなりすましなどを防止する「デジタルトラストサービス」に関する情報を配信する同協会公式の動画チャンネル。

手はじめに、電子文書の発信元の組織と完全性を保証するために法人に発行されるeシールの活用事例「eシールの標準企業コード登録管理事業の活用事例」など5本の動画を公開した。

今後は、導入事例やトラストサービス選定にあたってのポイント、デジタルトラストの動向などの情報を発信するとしている。

同協会では、これまでも「プライバシーマークチャンネル」を解説し、プライバシーマークに関する情報の配信なども行っている。

(Security NEXT - 2021/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IPA、ビジネスメール詐欺対策の特設ページを開設 - 啓発チラシなども用意
2Qセキュ相談、前四半期比約25%減 - 半減するも依然多い「Emotet」相談
東京都、若年層向けにSNSトラブル防止動画コンテストを開催
2022年1Qのセキュ相談、前四半期比4割増 - Emotet関連が約54.7倍
「テレワーク推進リーダー」制度を実施、最高50万円の奨励金 - 東京都
セキュリティ関連の相談、前四半期比44.6%減
セキュリティ啓発動画のコンテスト開催 - トレンド
2021年2Qのセキュ相談12%増 - 偽宅配業者SMS関連が大幅増
米NSA、セキュアなオンライン会議を導入するためのガイダンス
2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に