Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

テレワーク時の個人情報漏洩を防止するための教育用資料

日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)は、テレワーク実施時の個人情報関連事故を未然に防止するため、注意すべきポイントをまとめた教育用資料を公開した。同協会のウェブサイトよりダウンロードすることができる。

同資料は、テレワーク時に生じるおそれがある個人情報関連の事故事例や、注意すべきポイントなどを収録した組織向けの教育用資料。同協会が運営するプライバシーマーク推進センターに提出された事故報告や相談などを踏まえ、原因や防止策などを取りまとめた。

具体的には、操作ミスによるファイルの誤送信や、オンライン会議時の情報漏洩、オフィス不在のために生じた管理の不手際、マルウェアの感染といった事例を盛り込んだ。

同協会のウェブサイトよりダウンロードすることが可能。PDFファイルとあわせて、組織の実情にあわせて編集し、利用できるよう、プレゼンテーションファイル形式の「ひな形」も用意している。

(Security NEXT - 2021/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
米同盟やEU、中国支援のサイバー攻撃を批判 - 関係者の訴追も
2025年のセキュリティサービス市場は1兆円超に - IDC予測
約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験
「サイバーセキュリティ体制構築・人材確保の手引き」を改訂 - 経産省
「JNSA賞」が発表、フィッシングハンターのKesagataMe氏ら受賞
テレワークのセキュ課題、投資増とガバナンス - IPA調査
セキュリティ人材育成や流動化で協業 - JTAG財団とJNSA
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査