Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

迷惑メール対策カンファレンスを大阪と都内で開催 - IAjapan

インターネット協会(IAjapan)は、迷惑メール対策カンファレンスを大阪と都内で開催する。

同カンファレンスは、メールサーバ管理者やメールサービス担当者などを対象に、迷惑メールの現状や、迷惑メール対策技術、各事業者の取り組みなどを紹介するイベント。「Email SecurityConference 2017」と合同で開催する。

2017年度は、送信ドメイン認証技術「DMARC」を中心に取り上げる。同技術の関連技術である「ARC」「BIMI」を含む技術内容を紹介するほか、同技術の特徴でもある DMARCレポートの内容やその活用方法について解説する。

大阪会場はグランフロント大阪。東京会場はJPタワー。定員は大阪が各セッション70人で、東京は60人。先着順で、すでに満席となっているセッションもある。イベントの詳細や申し込みは、案内ページから。

(Security NEXT - 2017/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「端末が不正利用」とキャリアの緊急連絡偽うメールに注意 - 情報窃取アプリの導入促す
九電の出力制御指示メール未達 - 作業ミスで迷惑メール扱いに
オープンリレー状態でスパム送信の踏み台に - 富山市教委
BBSS、iPhone向けに詐欺SMS対策アプリ - 外部サーバで解析
再エネ事業者への出力制御指示メールが迷惑判定で未達に - 九電
個人情報を不正取得、住民に押しかけた職員を懲戒免職 - 高崎市
「ゆうちょ銀」の偽サイトに注意 - 「合言葉」など詐取
島根県立大、学生アカウント乗っ取り被害でスパムの踏み台に - 原因は調査中
不正データ操作や迷惑メール送信で職員を処分 - 奈良市
セキュリティ製品の警告画面と思いきや単なるウェブコンテンツ - 古典的な詐欺に注意を