Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

迷惑メール対策カンファレンスを大阪と都内で開催 - IAjapan

インターネット協会(IAjapan)は、迷惑メール対策カンファレンスを大阪と都内で開催する。

同カンファレンスは、メールサーバ管理者やメールサービス担当者などを対象に、迷惑メールの現状や、迷惑メール対策技術、各事業者の取り組みなどを紹介するイベント。「Email SecurityConference 2017」と合同で開催する。

2017年度は、送信ドメイン認証技術「DMARC」を中心に取り上げる。同技術の関連技術である「ARC」「BIMI」を含む技術内容を紹介するほか、同技術の特徴でもある DMARCレポートの内容やその活用方法について解説する。

大阪会場はグランフロント大阪。東京会場はJPタワー。定員は大阪が各セッション70人で、東京は60人。先着順で、すでに満席となっているセッションもある。イベントの詳細や申し込みは、案内ページから。

(Security NEXT - 2017/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

学生がフィッシング被害、迷惑メール約29万件の踏み台に - 新潟大
「Apache Struts」のアップロード機能に深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
職員アカウントが迷惑メール送信の踏み台に - 森林研究・整備機構
大阪府新婚世帯支援事業の元委託先に不正アクセス - 迷惑メールの踏み台に
【修正あり】MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ脆弱性などに対処
偽「津波警報発表」メールに注意 - 不安煽って偽サイトへ誘導
明大、複数メールアカウントに不正アクセス - 情報流出やスパム送信が発生
「M3AAWG」の国内リージョン「JPAAWG」が発足 - メールやメッセージングのセキュリティを検討
信用情報約2.2万件の登録漏れがあらたに判明 - 岩手銀
カスペ、個人向けセキュリティ対策ソフトに新版 - 脆弱性対策機能を強化