Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

迷惑メール対策カンファレンスを大阪と都内で開催 - IAjapan

インターネット協会(IAjapan)は、迷惑メール対策カンファレンスを大阪と都内で開催する。

同カンファレンスは、メールサーバ管理者やメールサービス担当者などを対象に、迷惑メールの現状や、迷惑メール対策技術、各事業者の取り組みなどを紹介するイベント。「Email SecurityConference 2017」と合同で開催する。

2017年度は、送信ドメイン認証技術「DMARC」を中心に取り上げる。同技術の関連技術である「ARC」「BIMI」を含む技術内容を紹介するほか、同技術の特徴でもある DMARCレポートの内容やその活用方法について解説する。

大阪会場はグランフロント大阪。東京会場はJPタワー。定員は大阪が各セッション70人で、東京は60人。先着順で、すでに満席となっているセッションもある。イベントの詳細や申し込みは、案内ページから。

(Security NEXT - 2017/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

悪用難しいと思われた「Office脆弱性」、公表2週間でマルウェアに - Visa偽装メールで拡散
特定電子メール法違反で行政処分 - 杉並区のウェブ運営会社に
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
【訂正あり】無線LANの「WPA2」で盗聴や改ざん可能となる「KRACK」 - 多数機器に影響
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
「Security Days Fall 2017」を9月に開催 - 併催含め100講演以上
市民大学のメールアカウントが乗っ取り被害 - スパムの踏み台に
関東財務局、顧客情報流出でM2Jに行政処分 - 新規口座開設を当面停止
MS、月例セキュリティ更新をリリース - 脆弱性54件を解消
中小企業の5.1%がマルウェア感染を経験 - 被害は「データ破壊」が最多