Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

迷惑メール対策カンファレンスを大阪と都内で開催 - IAjapan

インターネット協会(IAjapan)は、迷惑メール対策カンファレンスを大阪と都内で開催する。

同カンファレンスは、メールサーバ管理者やメールサービス担当者などを対象に、迷惑メールの現状や、迷惑メール対策技術、各事業者の取り組みなどを紹介するイベント。「Email SecurityConference 2017」と合同で開催する。

2017年度は、送信ドメイン認証技術「DMARC」を中心に取り上げる。同技術の関連技術である「ARC」「BIMI」を含む技術内容を紹介するほか、同技術の特徴でもある DMARCレポートの内容やその活用方法について解説する。

大阪会場はグランフロント大阪。東京会場はJPタワー。定員は大阪が各セッション70人で、東京は60人。先着順で、すでに満席となっているセッションもある。イベントの詳細や申し込みは、案内ページから。

(Security NEXT - 2017/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシング報告、5000件超で過去最多 - URL件数も高水準
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
不正アクセス受けスパムの踏み台に - ロボット開発ベンチャー
ブラックライトで発色する「見えないスタンプ」 - 迷惑行為抑止でテスト販売
「ファミチキ無料ク-ポン」装う迷惑メールに注意
福岡市の関連サイトに不正アクセス - 迷惑メール送信の踏み台に
セキュリティ相談、2019年2Qは微減 - 宅配業者偽装SMSは増加
フィッシングURLが最多記録を更新 - 報告やブランド悪用被害も増加
教員メルアカ、スパム送信の踏み台に、メールの不正閲覧も - お茶の水女子大
学生メルアカが乗っ取られスパム送信、情報流出の可能性も - 東北工業大