Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウド基盤活用したマルウェア検疫サービス - インテック

インテックは、マルウェア感染端末をネットワークから遮断する「マルウェアインターセプションサービス」を提供開始した。

同サービスは、同社のクラウドサービス基盤「EINS/SPS SelfPortal」上に、マルウェアの振る舞いを検知するPFUの「iNetSec Intra Wall」の管理サーバを設置。管理サービスとあわせて提供するもの。

マルウェアの検知や感染端末の遮断を行うアプライアンスタイプのセンサーをレンタルで提供。ネットワーク内の通信を常時監視し、マルウェアによる振る舞いを検知。感染端末を自動的に遮断する。

ネットワーク接続されている機器を可視化できるほか、通信から利用アプリケーションを判定し、リスクの高いアプリケーションを利用している端末を検知、遮断できるとしている。

(Security NEXT - 2017/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Avast、中小企業向けセキュリティ対策製品 - AVGの技術を統合
PwC、「Windows Defender ATP」を活用したセキュリティ対策サービス
NTT西、セキュリティ人材約400人を活用して一元的にセキュリティ支援
ラック、中規模サイトを保護する「LAC Kai」を販売開始
「秘文シリーズ」に新版 - ランサムウェア対策などを追加
日立、重要インフラ事業者向けにサイバー攻撃対応の訓練サービス - イスラエルCyberGymと提携
セキュアブレイン、SOCサービスへ参入 - エンドポイントを監視
マカフィー、AWS向けにIPS「McAfee vNSP」を提供
ジュピターテク、ユーザー操作監視ソフトの新版を発売
IBM、SOCサービスを強化 - マルチベンダー対応の監視サービス