Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウド基盤活用したマルウェア検疫サービス - インテック

インテックは、マルウェア感染端末をネットワークから遮断する「マルウェアインターセプションサービス」を提供開始した。

同サービスは、同社のクラウドサービス基盤「EINS/SPS SelfPortal」上に、マルウェアの振る舞いを検知するPFUの「iNetSec Intra Wall」の管理サーバを設置。管理サービスとあわせて提供するもの。

マルウェアの検知や感染端末の遮断を行うアプライアンスタイプのセンサーをレンタルで提供。ネットワーク内の通信を常時監視し、マルウェアによる振る舞いを検知。感染端末を自動的に遮断する。

ネットワーク接続されている機器を可視化できるほか、通信から利用アプリケーションを判定し、リスクの高いアプリケーションを利用している端末を検知、遮断できるとしている。

(Security NEXT - 2017/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト
ソフォスとリコー、小規模向けにUTMのMSS - オンサイト対応まで支援
JPCERT/CC、Windows「Sysmon」ログの解析可視化ツールを開発 - GitHubで公開
日本オラクル、セキュリティ分析や自動対処などの新サービス - SOC向けサービス群として展開
紛失盗難PCのネット転売を監視するサービス - クロスワープ
組織内部に潜伏する脅威を可視化するサービス - 日商エレ
挙動から脆弱性や攻撃を検出する「DevSecOps」向けソリューション
AWS利用のスタートアップ企業に「Deep Security」を1年感無料で - トレンド
ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応
ビルシステム向けセキュリティソリューション - NTTセキュリティら