Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウド基盤活用したマルウェア検疫サービス - インテック

インテックは、マルウェア感染端末をネットワークから遮断する「マルウェアインターセプションサービス」を提供開始した。

同サービスは、同社のクラウドサービス基盤「EINS/SPS SelfPortal」上に、マルウェアの振る舞いを検知するPFUの「iNetSec Intra Wall」の管理サーバを設置。管理サービスとあわせて提供するもの。

マルウェアの検知や感染端末の遮断を行うアプライアンスタイプのセンサーをレンタルで提供。ネットワーク内の通信を常時監視し、マルウェアによる振る舞いを検知。感染端末を自動的に遮断する。

ネットワーク接続されている機器を可視化できるほか、通信から利用アプリケーションを判定し、リスクの高いアプリケーションを利用している端末を検知、遮断できるとしている。

(Security NEXT - 2017/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

インシデント対応の窓口サービスを開始 - ALSOK
アプライアンス「iNetSec SF」にワーム対策機能を追加 - PFU
ASEAN地域の監視分野事業で英Assuriaと協業 - ラック
MSSにインシデント初期対応支援を追加 - テクマトリックス
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
移動体通信における制御信号の特徴で攻撃を検知 - NEC
アラート60分以内に要対応情報を提供するMSS - GRCS
「Office 365」の監視サービス - NECソリューションイノベータ
制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー
ハイブリッド環境対応の上位版MSSを開始 - テクマトリックス