Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、AWS向けにIPS「McAfee vNSP」を提供

マカフィーは、「Amazon Web Services」向けに不正侵入防御システム「McAfee Virtual Network Security Platform(vNSP)」を提供開始した。

同製品は、同社の「McAfee Network Security Platform」をベースしつつ、AWS環境向けに開発したIPS。従来の単一ワークロードを保護するネットワーク単位で監視ではなく、個々のワークロード単位で保護する。

ネットワークセグメント間のトラフィックの可視化、ネットワークセグメント全体に影響する単一障害点の解消などのほか、必要な箇所だけにリソースを配置することが可能。クライアントベースの自動負荷分散やAutoScaleとの統合に対応している。

また不正侵入防止にくわえ、ウェブアプリケーションの保護やマルウェアの検知、ワークロードの分離といったセキュリティ機能を提供。オンプレミス版と同一コンソールから管理できる。

20170824_ma_001.jpg
「McAfee Virtual Network Security Platform」の機能

(Security NEXT - 2017/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CASBを利用したクラウド利用状況の可視化サービス - 日商エレ
パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
日本オラクル、セキュリティ分析や自動対処などの新サービス - SOC向けサービス群として展開
米Lastlineのクラウドメール向けマルウェア対策サービスなど提供 - テリロジー
サイバーリスク管理SaaSサービス「Tenable.io」を国内展開 - ネットワールド
サーバ向けマルウェア対策製品「Sophos Intercept X for Server」 - ソフォス
クローズド環境で「Cylance」を利用するためのオプション2製品
AWS利用のスタートアップ企業に「Deep Security」を1年感無料で - トレンド
プロキシログから攻撃を検出するイスラエル製ソリューション「SecBI」 - IWI