Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、AWS向けにIPS「McAfee vNSP」を提供

マカフィーは、「Amazon Web Services」向けに不正侵入防御システム「McAfee Virtual Network Security Platform(vNSP)」を提供開始した。

同製品は、同社の「McAfee Network Security Platform」をベースしつつ、AWS環境向けに開発したIPS。従来の単一ワークロードを保護するネットワーク単位で監視ではなく、個々のワークロード単位で保護する。

ネットワークセグメント間のトラフィックの可視化、ネットワークセグメント全体に影響する単一障害点の解消などのほか、必要な箇所だけにリソースを配置することが可能。クライアントベースの自動負荷分散やAutoScaleとの統合に対応している。

また不正侵入防止にくわえ、ウェブアプリケーションの保護やマルウェアの検知、ワークロードの分離といったセキュリティ機能を提供。オンプレミス版と同一コンソールから管理できる。

20170824_ma_001.jpg
「McAfee Virtual Network Security Platform」の機能

(Security NEXT - 2017/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
NAC製品「iNetSec SF」の機能を強化、クラウド版も - PFU
パブリッククラウドの監査サービス - CECとソフォス
EDRやクラウドSIEMなど含むMDRサービス - ラピッドセブン
スマホによる顔認証入退管理ソリューション - NTTドコモ
マルチクラウド対応の集中管理製品「FireEye Cloudvisory」
製品起因でマルウェア感染したら最高100万ドル - メンロ・セキュリティ
クラウドの設定ミスを防ぐ診断サービス - ラック
EC-CUBE特化のクラウド型WAFサービス - イーシーキューブ
IPAとNTT東、テレワークシステムを緊急開発 - 10月末まで無料開放