Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジュピターテク、ユーザー操作監視ソフトの新版を発売

ジュピターテクノロジーは、米ObserveIT製の監視ソフトウェア「ObserveIT」の新版を提供開始した。

同製品は、サーバやエンドポイントにおけるユーザー操作を、画像とテキストで記録。情報漏洩のリスクがある操作をリアルタイムで通知するソフトウェア。

新版となる「同7.0」では、ユーザーごとにアプリケーションやアクセスしたURLの表示時間を一覧で表示する機能を追加。

印刷や、USB接続、業務時間外のアクセスなど、ルールに違反したユーザーに対して強制的にログオフさせたり、アプリケーションを強制終了させることが可能。ルールには、キーワードや禁止コマンドの入力などを指定することも可能。

価格は管理サーバが280万8000円、デスクトップエージェントが3万3696円、サーバエージェントが16万8480円から。

(Security NEXT - 2017/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

安川情報システム、工場向けに特化したセキュリティソリューション
ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」
SOMPO HD、セキュリティ事業に参入 - 対策などワンストップで提供
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
マカフィーとラック、AWS利用者向けIPS提供で協業
STM、セキュリティモジュールを実装した車載用プロセッサ
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
SDNやNFVで脅威封じ込め - IIJが実証実験