Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジュピターテク、ユーザー操作監視ソフトの新版を発売

ジュピターテクノロジーは、米ObserveIT製の監視ソフトウェア「ObserveIT」の新版を提供開始した。

同製品は、サーバやエンドポイントにおけるユーザー操作を、画像とテキストで記録。情報漏洩のリスクがある操作をリアルタイムで通知するソフトウェア。

新版となる「同7.0」では、ユーザーごとにアプリケーションやアクセスしたURLの表示時間を一覧で表示する機能を追加。

印刷や、USB接続、業務時間外のアクセスなど、ルールに違反したユーザーに対して強制的にログオフさせたり、アプリケーションを強制終了させることが可能。ルールには、キーワードや禁止コマンドの入力などを指定することも可能。

価格は管理サーバが280万8000円、デスクトップエージェントが3万3696円、サーバエージェントが16万8480円から。

(Security NEXT - 2017/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
クロス・ヘッドとエフセキュア、GDPR対策サービスを提供
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
クラウドベースのPC操作ログ分析サービス - オージス総研
航空業界向けにセキュリティ対策サービス - エフセキュア
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始
凸版印刷とTIS、MSS展開で協業