Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インシデントと向き合うSOC、快適な労働環境作りに注力するベンダー

企業に代わりセキュリティ機器などの監視を行う「マネージドセキュリティサービス(MSS)」。インシデントの監視は、セキュリティベンダーが設置する「セキュリティオペレーションセンター(SOC)」で行われるが、こうしたSOCにあたらしい波が押し寄せている。

経営層におけるセキュリティ意識の高まりや脅威の巧妙化を背景に「MSS」への注目が高まるが、需要に応えるセキュリティベンダーにおいて、SOCをあらたに設置したり、従来のSOCを再構築する動きが活発化している。

ところで、世界中の脅威や組織のインシデント情報が集約され、それらの監視を行う「SOC」について、どのようなイメージを持っているだろうか。

放射状に配置されたデスクにやや暗い照明。攻撃情報を共有するディスプレイが浮かび上がり、最新情報や攻撃の様子を可視化した映像をチェックするセキュリティ専門家……。ひと昔前の映像作品に出てくるような正義の味方の「秘密基地」を想起する人もいるのではないだろうか。

(Security NEXT - 2017/07/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
シスコ、大学など5校にセキュリティ人材育成プログラムを提供
PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
国際金融取引システムの不正送金に北朝鮮「APT38」が関与 - 外交交渉の裏で止まぬ攻撃
ラック、中小企業を視野に入れたクラウドべースセキュリティ監視サービス
経産省、「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」のパブコメ結果を公表
ラック、SOCサービスに保険付帯パッケージ - 調査費用や復旧費用をカバー
2019年度政府セキュリティ関連予算の概算要求額は852.8億円 - 2018年度当初予算の約1.4倍
パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト
ログ解析を1日2回とすることで価格抑えたSOCサービス - IIJ