Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

多くの企業が不正侵入対策へ注力するも3割弱が被害を経験

企業におけるIT意思決定者の多くが外部からの侵入防止対策に注力する一方、過去1年以内に3割弱が自社の侵入防止対策を破られた経験を持つとの調査結果をジェムアルトが取りまとめた。

同社が、世界の企業におけるIT部門意思決定者1050人を対象に、企業のデータセキュリティに関する調査を実施したもの。日本企業からは100人が回答したという。

同調査によれば、内部ネットワークを保護するために外部からの侵入防止対策が効果的と考えている回答者は94%。76%が侵入防止対策への投資額を増やしている。

一方、65%が侵入を許した際のデータ保護に不安を感じており、実際に28%は、過去1年以内に自社の侵入防止対策が破られたという。また回答者の55%は、機密データの保存場所を把握しておらず、35%は顧客情報を暗号化していないと回答した。

(Security NEXT - 2017/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウド設定のテンプレ、設定ミスがクラウド環境全体のリスクに
半年でSNS投稿1799万件を非表示に、45%がスパム - LINE
長期休暇に向けてセキュリティ対策の再確認を
国内暗号鍵管理市場は3.3%成長 - DLPは横ばい
クラウド上の機密データ、暗号化している組織は約半数
インシデント調査の26%がランサム被害 - 詳細調査で3割強よりAPT痕跡
クラウドセキュ市場、今後5年で2.4倍に
標的型攻撃の72%が正規機能を悪用 - 「CSVファイル」悪用が1割強
盆休みと重なるパッチチューズデー - 夏期休暇対策の徹底を
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割