Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

プロバイダにおける迷惑メール対策導入状況を公表 - 総務省

総務省は、電気通信事業者における迷惑メール防止技術の研究開発や導入状況について取りまとめた。

同省が、「特定電子メール法」の規定に基づき、迷惑メールの送受信を防止する技術の研究開発やユーザーへの提供状況について取りまとめ、公表したもの。同法では少なくとも年1回の公表を義務付けている。

今回の取りまとめでは、移動系電気通信事業者4社と固定系電気通信事業者16社について、「送信ドメイン認証」や「OP25B(Outbound Port 25 Blocking)」「同報送信宛先数制限」「送信通数規制」などの送信防止対策、および「なりすまし拒否」や「ホワイトリスト」「迷惑メールフィルタ」「指定受信拒否」など受信防止対策の導入状況を公開している。

移動系電気通信事業者を見ると、送信防止対策では「同報送信宛先数制限」は4社中2社と半数にとどまるが、「送信通数規制」「送信ドメイン認証」「OP25B」は4社すべてが導入。受信防止対策では、3社が6種類の対策すべてを導入しており、のこり1社は3種類を導入していた。

20170703_so_002.jpg
移動系電気通信事業者における迷惑メールの対策状況(表:総務省)

(Security NEXT - 2017/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「M3AAWG」の国内リージョン「JPAAWG」が発足 - メールやメッセージングのセキュリティを検討
総務大臣賞が発表、迷惑メール対策推進協議会や神山氏ら受賞
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
総務省、迷惑メールの情報交換でカナダ当局と協力覚書締結
2割弱が出所不明の公衆無線LAN利用 - 「セキュリティ意識していない」 約3割
特定電子メール法違反で行政処分 - 杉並区のウェブ運営会社に
「Security Days Fall 2017」を9月に開催 - 併催含め100講演以上
迷惑メール対策カンファレンスを大阪と都内で開催 - IAjapan
中小企業の5.1%がマルウェア感染を経験 - 被害は「データ破壊」が最多
迷惑メールの相談件数が増加傾向、60歳以上が4割