Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング報告、前月から2割減となるも11万件超

7月のフィッシング報告件数は前月から約21.8%減少した。しなしながら1カ月間に11万件を超える報告が寄せられている。

フィッシング対策協議会によれば、7月に報告を受けたフィッシング攻撃は11万7024件。前月の14万9714件から3万2690件減少した。過去最多となった前月から減少するも過去2番目に多い規模で、1日あたり約3775.0件の報告が寄せられた計算となる。

フィッシングサイトに悪用されたURLは2万1585件。前月の2万3420件を下回ったものの、2万件を超えるURLが確認されている。1日あたり約696.3件のURLが悪用されている。

フィッシングサイトに悪用されたトップレベルドメインとしては、「.com」が約52.7%と約半数を占めた。「.cn」が約15.8%、「.cfd」が約8.3%、「.top」が約7.1%、「.icu」が約4.5%、「.cyou」が約2.4%で続く。

20230808_ap_001.jpg
フィッシングサイトの報告件数推移(グラフ:フィ対協の発表をもとに独自に作成)

(Security NEXT - 2023/08/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサムウェア「ALPHV」、医療分野中心に被害拡大
米司法省、ランサム「ALPHV」関連の複数サイトを押収 - 復号ツールも
「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
GMO、Flatt Securityを傘下に - 株式66.6%を取得
個人情報含む書類を複数の関係機関へ誤送付 - 茨城県
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
1月のDDoS攻撃件数、前月比29%増 - IIJレポート
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要