Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

実例をSNSで共有、被害を未然に防ぐ「#迷惑メール展」

NTTドコモは、迷惑メールによる被害を未然に防ぐことを目的としたイベント「みんなでシェアして、みんなを救おう。#迷惑メール展」を、3月18日まで開催する。

同イベントは、「迷惑メール」や「ショートメッセージ(SMS)」の実例をTwitterやウェブサイトを通じて紹介する取り組み。サイバーセキュリティ月間の実施にあわせて開催するもので、認知を広げることで被害を未然に防ぎたいとしている。

開催期間中は特設サイトを開設し、フィッシング詐欺メールなどの実例を業界別や手法別にカテゴリにわけて対策を紹介。あわせて実録コラムも掲載し、迷惑メールに関するさまざまな情報を発信していく。

公式Twitterアカウント「@meiwakumailten」では、迷惑メールに関する最新の傾向と対策を紹介。ユーザーをだます手法やキーワードを「迷惑メールあるある」として紹介していく。

(Security NEXT - 2022/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「セゾンカード」装うフィッシング - 複数文面を悪用
「情報セキュリティ10大脅威 2023」 - 組織は「ランサム」が引き続き首位
地銀利用者を狙うフィッシング - 今度は「ちばぎん」偽装
2022年4Qインシデント件数は減少 - ウェブ改ざんなど減少
「静岡銀行」装うフィッシング攻撃 - 取引目的の確認などと誘導
2022年のサイバー攻撃、前年比38%増 - 教育分野への攻撃増加
クラウドサービスの請求額通知などを偽装するフィッシングに注意
2022年12月のフィッシングURL、7カ月ぶりの1万件台
メールサーバ管理者アカウントに不正アクセス - 彩の国さいたま人づくり広域連合
「PayPayカード」の利用通知に見せかけた詐欺メールに警戒を