Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「送信ドメイン認証」導入マニュアルに第3版 - 「DMARC」導入を解説

迷惑メール対策推進協議会(ASPC)は、「送信ドメイン認証技術導入マニュアル」の第3版を公開した。日本データ通信協会の同協議会ページよりPDFファイルでダウンロードすることができる。

同マニュアルは、なりすましメール対策に有効な送信ドメイン認証技術を解説した資料。メールシステムの概要を説明した上でドメイン認証のしくみや「DNS」におけるレコードの記述方法などを説明している。

今回の導入マニュアルの改訂にあたっては、従来の「SPF(Sender Policy Framework)」「DKIM(DomainKeys Identified Mail)」にくわえて、第2版の発行後に仕様が策定された「DMARC(Domain-based Message Authentication, Reporting, and Conformance)」の解説を追加した。

応用編では「DMARC」を導入することを前提として、メールの送信側、受信側の側面から導入手順について解説している。

(Security NEXT - 2021/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2022年12月のフィッシングURL、7カ月ぶりの1万件台
フィッシングURL、ピークの9月から2カ月で半減 - 「偽Amazon」が急増
10月のフィッシングURL、約44%減 - 報告数も減少
フィッシングURL、1カ月で5万件超 - 過去最多更新
フィッシングURL、1カ月で約4.9万件 - 報告は10万件を突破
フィッシングサイトのURLが過去最多を更新 - 同一IPアドレス上に大量設置
「ドコモメール」が「DMARC」「DKIM」のチェックに対応
6月のフィッシングサイト、過去最多を大幅更新 - 同一IPアドレス上で多数稼働
フィッシングURLが約1.7倍、過去最多更新 - 同一IPアドレス上に大量の偽サイト
2021年のフィッシング報告、前年比約2.3倍に - 約53.6%がEC系