Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPAAWGのカンファレンスイベント、11月に開催 - 申込受付を開始

JPAAWG(Japan Anti-Abuse Working Group)は、年次イベント「JPAAWG 6th General Meeting」を11月6日、7日に開催する。参加の申し込み受付を開始した。

同イベントは、国内外より有識者を招聘し、フィッシング対策やメール運用などにおけるセキュリティ対策や課題について議論するカンファレンスイベント。

通信事業者のセキュリティ担当者をはじめ、メール関連サービスの事業者やクラウドやホスティングサービス提供者のエンジニアや担当者などを対象としている。

6回目となる今回は、金沢市文化ホールとオンラインでのハイブリッド開催となり、現地参加者のみ参加できるセッションなども用意。

「キャリアメールのフィッシング対策最前線」「2023年度版 迷惑メール動向と対策事例の紹介」「CRYPTRECとの向き合い方」「進化し続けるフィッシングと機械学習との戦い」など一部講演内容も発表されている。講演のほか、オープンラウンドテーブルやライトニングトークも予定している。

定員は600人。参加費は無料だが事前登録が必要となる。イベントの詳細や申し込みなどは同団体のウェブサイトから。

(Security NEXT - 2023/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市