Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

横国大とBBSS、家庭向けIoT機器のセキュリティ分野で共同研究

横浜国立大学とBBソフトサービスは、一般家庭で利用されるIoT機器のセキュリティ分野において共同研究を進める。

同研究では、脅威の実態把握を進め、対策技術の開発を目指すほか、消費者への情報発信などを進めるとしている。

具体的には、一般家庭を模した試験室を利用し、約20カテゴリーから選択した市販のIoT家電やネットワーク機器を設置。それらの機器に対するサイバー攻撃やマルウェア活動の観測を行い、機器への影響や将来的なリスク、防御方法を研究する。

観測データや研究結果については、共同研究プロジェクトホームページで随時公表していく予定。

(Security NEXT - 2017/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
トレンドマイクロ、30周年迎えた2018年の事業戦略を発表
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
Avast、IoT機器向けにSaaS型セキュリティプラットフォーム
パナとトレンド、自動車分野のセキュリティで共同開発
チューリッヒ、IoT化進む製造業向けにサイバー保険 - 製造ライン停止による逸失利益など補償
富士通SSL、IoTや組込機器向けに不正プログラム対策 - 製造メーカーへ供給