Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

横国大とBBSS、家庭向けIoT機器のセキュリティ分野で共同研究

横浜国立大学とBBソフトサービスは、一般家庭で利用されるIoT機器のセキュリティ分野において共同研究を進める。

同研究では、脅威の実態把握を進め、対策技術の開発を目指すほか、消費者への情報発信などを進めるとしている。

具体的には、一般家庭を模した試験室を利用し、約20カテゴリーから選択した市販のIoT家電やネットワーク機器を設置。それらの機器に対するサイバー攻撃やマルウェア活動の観測を行い、機器への影響や将来的なリスク、防御方法を研究する。

観測データや研究結果については、共同研究プロジェクトホームページで随時公表していく予定。

(Security NEXT - 2017/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
サイバーフィジカルシステムの脅威情報サービス - FireEye
ウェブアプリなどの脆弱性情報を配信するサービス - EGセキュア
ゲートウェイに新モデル、OSも強化 - Check Point
IoTに特化した脆弱性診断サービス - サイバーマトリックス
デジタルハーツHDとラック、脅威ベースペネトレ事業で合弁
斜め顔やマスク姿にも対応する顔認証技術をAPIで提供
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡
米Palo Alto、IoTセキュリティのZingboxを買収