Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュキャン2017の参加者決定 - 3割が地方大会経験者

情報処理推進機構(IPA)は、8月に都内で開催する「セキュリティ・キャンプ全国大会2017」の参加者82人を決定した。

同大会は、サイバーセキュリティ人材の育成に向けて、知識や技術を習得することを目的とした学生対象の合宿イベント。2004年度より毎年開催しており、今回で14回目。これまで581人が参加している。

8月14日から18日まで開催予定の2017年度大会には、310人の応募があり、選考を経て82人が参加者に決定。1コマ4時間の講義を任意に選択する「選択コース」が51人、1つのテーマに集中して取り組む「集中コース」が31人だった。

選考通過者の特徴を見ると、3割にあたる26人が地方大会の参加経験者だった。選考通過者の平均年齢は20.02歳で、今回はじめて20歳を超えた。66%にあたる54人が20歳以上だった。一方で集中コースには、10歳と11歳の小学生の参加者がいるという。

(Security NEXT - 2017/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NICT、東京五輪向けサイバー演習「サイバーコロッセオ」展開 - 約220人のセキュリティ人材を育成
DTRSと情セ大、AI用いたダークウェブからの情報抽出で共同研究
「情報セキュリティ文化賞」の候補者を公募 - 情セ大
「情報処理安全確保支援士試験」に新制度 - 認定学科修了で一部試験が免除に
ASEAN向けにサイバーセキュリティ演習を実施
総務省、「IoTセキュリティ総合対策」を公表 - 脆弱性対策や人材育成を提言
日立、情報セキュリティ体制を強化 - セキュリティリスク統括本部を設置
日本初となるサイバーセキュリティ日米合同演習を実施 - 経産省
NICT、米MITREとセキュリティの研究協力で覚書
総務省、テレワーク推進に向けた専門家派遣の申請受付を開始