Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュキャン2017の参加者決定 - 3割が地方大会経験者

情報処理推進機構(IPA)は、8月に都内で開催する「セキュリティ・キャンプ全国大会2017」の参加者82人を決定した。

同大会は、サイバーセキュリティ人材の育成に向けて、知識や技術を習得することを目的とした学生対象の合宿イベント。2004年度より毎年開催しており、今回で14回目。これまで581人が参加している。

8月14日から18日まで開催予定の2017年度大会には、310人の応募があり、選考を経て82人が参加者に決定。1コマ4時間の講義を任意に選択する「選択コース」が51人、1つのテーマに集中して取り組む「集中コース」が31人だった。

選考通過者の特徴を見ると、3割にあたる26人が地方大会の参加経験者だった。選考通過者の平均年齢は20.02歳で、今回はじめて20歳を超えた。66%にあたる54人が20歳以上だった。一方で集中コースには、10歳と11歳の小学生の参加者がいるという。

(Security NEXT - 2017/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

情報処理安全確保支援士の合格率は16.3% - 平均年齢36.5歳
デロイトトーマツと日大、クライシスマネジメント分野で連携 - 政策提言なども視野に
セキュキャン修了生向けイベント「セキュリティ・コアキャンプ2017」 - 成長の機会を提供
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞が決定 - SECCONなど3者が受賞
厚労省と年金機構、年金情報流出問題の対策状況を取りまとめ
シスコ、セキュリティ人材育成に向けた「スカラシッププログラム」
ラック、新卒採用で新たな試み - CTF突破で「即!西本面接」
NICT、セキュリティ技術を生み出せる技術者を育成 - U-25向けに「SecHack365」を始動
「情報処理安全確保支援士」の初回登録者、平均年齢は40.5歳 - 10代が4人
IPA、産業サイバーセキュリティセンターの運用を開始 - 模擬プラント演習なども