Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュキャン2017の参加者決定 - 3割が地方大会経験者

情報処理推進機構(IPA)は、8月に都内で開催する「セキュリティ・キャンプ全国大会2017」の参加者82人を決定した。

同大会は、サイバーセキュリティ人材の育成に向けて、知識や技術を習得することを目的とした学生対象の合宿イベント。2004年度より毎年開催しており、今回で14回目。これまで581人が参加している。

8月14日から18日まで開催予定の2017年度大会には、310人の応募があり、選考を経て82人が参加者に決定。1コマ4時間の講義を任意に選択する「選択コース」が51人、1つのテーマに集中して取り組む「集中コース」が31人だった。

選考通過者の特徴を見ると、3割にあたる26人が地方大会の参加経験者だった。選考通過者の平均年齢は20.02歳で、今回はじめて20歳を超えた。66%にあたる54人が20歳以上だった。一方で集中コースには、10歳と11歳の小学生の参加者がいるという。

(Security NEXT - 2017/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

総務大臣賞が発表、迷惑メール対策推進協議会や神山氏ら受賞
眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も
「日ASEANサイバーセキュリティ能力構築センター」をタイに設立 - 各国関係者が「CYDER」受講
4社に1社がパーソナルデータを利活用 - 検討含めると5割弱
注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」
ラック、北九州にセキュリティ事業の技術拠点
「Trend Micro CTF 2018」が開催 - 9月に予選、決勝は12月
重要インフラの3社に1社でランサム被害 - 11%は感染20台以上
セキュリティの専門家がいる企業は65% - 国内では51%
情報処理安全確保支援士の合格率は16.9% - 平均年齢は35.3歳