Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カード会社装い「カードをロックする」と不安煽るフィッシング

クレジットカードの利用者を狙ったフィッシング攻撃が行われている。今回確認されたケースでは、三菱UFJニコスを偽装。指示に従わないとクレジットカードをロックするなどとだましていた。

20170613_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

MUFGカードのウェブサービス利用者を狙ったあらたなフィッシング攻撃が確認されたとしてフィッシング対策協議会が、注意喚起を行ったもの。

問題のフィッシングメールは、「WEBサービス利用者」という件名で送信されていた。メールの文面は2種類あるが、いずれも指示に従い、確認作業を行わないとカードがロックされるなどと不安を煽る内容だった。誘導先の偽サイトでは、クレジットカード番号のほか、氏名や電話番号、ウェブサービスのアカウント情報など個人情報を詐取する。

メール本文を見ると、書き出しでは「親愛なるアカウント保有者」「口座名義人」などを宛先としていたほか、本文の内容も、「あなたはそれを行うには数時間があります」など、日本語のビジネスメールとしては、不自然な言い回しが見られた。

誘導先のフィッシングサイトとしては、すでに5種類のURLが確認されており、6月13日の時点で稼働が確認されている。

フィッシングサイトの閉鎖に向けて、同協議会では、JPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似のフィッシングサイトやメールを発見した場合は、情報を提供してほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ウイルスに感染している」とiPhoneで偽通知 - カレンダー招待機能を悪用
フィッシング攻撃が過熱 - サイト件数など過去最多
クレカ選び、ポイント還元などと同等にセキュリティを重視
「Pokemon GO」利用者狙うフィッシング - 偽領収書で不安煽る
「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
「PayPay」装うフィッシング - 電子署名説明URLでも偽サイト誘導
国家関与のサイバー攻撃、新型コロナ問題に便乗 - 中国のグループも
VPN製品の既知脆弱性に注意 - フィッシングにも警戒を
シニアの25%がフィッシングに遭遇 - 4割強が相談相手いない
「カードが第三者に利用されるおそれ」と不安煽るフィッシング