Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シェアリングエコノミー認証取得事業者向けに損害保険 - 損ジャ日興

損害保険ジャパン日本興亜は、シェアリングエコノミーの認証制度に対応したプラットフォーム事業者向け損害保険を7月より販売開始する。

今回発売する「オールインワンパッケージ(認証制度対応型)」は、個人の所有資産を、インターネット上のプラットフォームを介して個人間でシェアするシェアリングエコノミーにおいて、プラットフォーム事業者やサービス提供者、サービス利用者に生じた賠償責任を総合的に補償する損害保険。

従来「利用者補償型」として提供していた商品をリニューアル。シェアリングエコノミー協会と連携し、認証制度に対応した保険料の割引制度を用意した。またシェアリングエコノミー5分野のうち、従来引受対象としていた空間とスキル分野にくわえ、あらたに移動分野も引受対象としている。

またサイバー攻撃が発生した場合の対応をサポートする緊急時総合サービスを付帯した「サイバー補償」や、納品物の瑕疵や納期遅延などの業務過誤に関する補償を組み合わせるなど、カスタマイズに対応する。

(Security NEXT - 2017/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ラック、SOCサービスに保険付帯パッケージ - 調査費用や復旧費用をカバー
国保加入者情報入りUSBメモリが3月以降所在不明 - 所沢市
日立ら、情報銀行に向けて実証実験 - 従業員200人のデータ活用
対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験
NTT-ATら、CSIRT向けに会員制サービス - サイバー保険も付帯
健康保険関連の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 蒲郡市
個人情報含むPCが所在不明、誤って廃棄業者に引き渡しか - 角田市
東京海上日動、中小企業向け包括保険でサイバーリスクに対応 - 申告書不要
SMSで訴訟ちらつかせる偽アマゾン - プリカ番号やコンビニ払いを要求
損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発