Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シェアリングエコノミー認証取得事業者向けに損害保険 - 損ジャ日興

損害保険ジャパン日本興亜は、シェアリングエコノミーの認証制度に対応したプラットフォーム事業者向け損害保険を7月より販売開始する。

今回発売する「オールインワンパッケージ(認証制度対応型)」は、個人の所有資産を、インターネット上のプラットフォームを介して個人間でシェアするシェアリングエコノミーにおいて、プラットフォーム事業者やサービス提供者、サービス利用者に生じた賠償責任を総合的に補償する損害保険。

従来「利用者補償型」として提供していた商品をリニューアル。シェアリングエコノミー協会と連携し、認証制度に対応した保険料の割引制度を用意した。またシェアリングエコノミー5分野のうち、従来引受対象としていた空間とスキル分野にくわえ、あらたに移動分野も引受対象としている。

またサイバー攻撃が発生した場合の対応をサポートする緊急時総合サービスを付帯した「サイバー補償」や、納品物の瑕疵や納期遅延などの業務過誤に関する補償を組み合わせるなど、カスタマイズに対応する。

(Security NEXT - 2017/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
「ダイヤモンド・プリンセス」運営会社から情報流出 - 2019年中ごろに発生
NTT-AT、サイバー保険を付帯したセキュリティ対策ソフトを販売
約半数の企業が情報セキュリティ対策を重点的に推進
感染時即時対応サービスを付帯した「Cylance」を提供 - 日立ソ
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%
ネット広告詐欺の損害を補償する保険
高齢者施設関係者が個人情報を政治利用 - 小金井市
個情委、「内定辞退率予測サービス」で行政処分 - 利用企業にも指導
CODE BLUE 2019開幕 - 脅威トレンドや世界情勢を反映