Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シェアリングエコノミー認証取得事業者向けに損害保険 - 損ジャ日興

損害保険ジャパン日本興亜は、シェアリングエコノミーの認証制度に対応したプラットフォーム事業者向け損害保険を7月より販売開始する。

今回発売する「オールインワンパッケージ(認証制度対応型)」は、個人の所有資産を、インターネット上のプラットフォームを介して個人間でシェアするシェアリングエコノミーにおいて、プラットフォーム事業者やサービス提供者、サービス利用者に生じた賠償責任を総合的に補償する損害保険。

従来「利用者補償型」として提供していた商品をリニューアル。シェアリングエコノミー協会と連携し、認証制度に対応した保険料の割引制度を用意した。またシェアリングエコノミー5分野のうち、従来引受対象としていた空間とスキル分野にくわえ、あらたに移動分野も引受対象としている。

またサイバー攻撃が発生した場合の対応をサポートする緊急時総合サービスを付帯した「サイバー補償」や、納品物の瑕疵や納期遅延などの業務過誤に関する補償を組み合わせるなど、カスタマイズに対応する。

(Security NEXT - 2017/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含む書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 大阪府
損ジャと日立ソ、IoTセキュリティ分野で協業
保健所で感染症法関連書類の誤送付が発生 - 大阪府
損保ジャパンとCSC、攻撃検知データ活用で共同研究
保育施設保護者向け書類を誤配布、国保免除申請書の紛失も - 高槻市
関係ない個人情報含む表計算ファイルを送信 - つくば市
テレワークリスク向けに保険パッケージ - 三井住友海上ら
福祉事務所でメール添付ミス、名簿を誤送信 - 糸魚川市
新型コロナ宿泊療養施設で他療養者の健康保険証が閲覧可能に
「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も