Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シェアリングエコノミー認証取得事業者向けに損害保険 - 損ジャ日興

損害保険ジャパン日本興亜は、シェアリングエコノミーの認証制度に対応したプラットフォーム事業者向け損害保険を7月より販売開始する。

今回発売する「オールインワンパッケージ(認証制度対応型)」は、個人の所有資産を、インターネット上のプラットフォームを介して個人間でシェアするシェアリングエコノミーにおいて、プラットフォーム事業者やサービス提供者、サービス利用者に生じた賠償責任を総合的に補償する損害保険。

従来「利用者補償型」として提供していた商品をリニューアル。シェアリングエコノミー協会と連携し、認証制度に対応した保険料の割引制度を用意した。またシェアリングエコノミー5分野のうち、従来引受対象としていた空間とスキル分野にくわえ、あらたに移動分野も引受対象としている。

またサイバー攻撃が発生した場合の対応をサポートする緊急時総合サービスを付帯した「サイバー補償」や、納品物の瑕疵や納期遅延などの業務過誤に関する補償を組み合わせるなど、カスタマイズに対応する。

(Security NEXT - 2017/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

介護サービス利用者の個人情報を誤送信 - 大阪市
企業の14%がセキュ事故経験 - サイバー保険加入率は12%
iOS向け保険管理アプリに脆弱性 - 「Cordova」向け旧プラグインに起因
児童の個人情報含むCD-ROMを紛失、判明は11月 - 大阪府
国内サイバー保険市場、今後5年で3.5倍予測
「ほけんの窓口」を偽装する悪質メール - 甘い言葉で誘導
本人確認用の住民票写し、別人に返却 - 住信SBIネット銀
16.5%の企業がCSIRT設置 - 1001名以上では4割
AIG損保、米本社開発のサイバーリスク評価サービス - 保険料には影響せず
クライアントである歯科や患者情報含むHDDを紛失 - 船井総研