Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報記載のリストが車上荒らし被害 - 中部電力

中部電力は、電気メーター取替工事の請負会社において、顧客情報含むリストの盗難が発生したことを明らかにした。

同社によれば、5月28日18時半ごろ、愛知県知多市内において車上荒らしに遭い、顧客情報含むリストが入った鞄が盗まれたもの。リストには市内の顧客55人分の氏名、電話番号、顧客番号、契約容量、計器番号、引込柱などが記載されていた。また、同じ内容を含むSDカード1枚も被害に遭ったが、パスワードが設定されていたという。

作業員が電気メーターの取替工事終了後、トイレに立ち寄るため公共駐車場に駐車。20分後、車両に戻ったところ、ガラスが割られ、車内に置いていた鞄が持ち去られたあとだった。

今回の事件を受けて、同社では対象となる顧客に説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2017/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

特別高圧の顧客向け案内メールで誤送信 - 中部電
太陽光発電メーカー4社へ顧客情報を誤送信 - 中国電力
福島原発事故の損害賠償請求者に関する個人情報を紛失 - 東電
顧客情報含む帳票を紛失、翌日すべて回収 - 四国電力
法人顧客の連絡先含むファイルが所在不明 - 中部電力
福島第一原発の報告メールで誤送信、個人情報が流出 - 東電
顧客情報1.2万件を含むDVDが所在不明に - 関西電力
沖縄電力でサイト改ざん、原因は「Apache Struts 2」の脆弱性 - 情報流出の可能性も
原子力損害賠償の請求書を紛失 - 東電
顧客情報が登録された業務用携帯電話を紛失 - 中部電力