Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

dit、「NIRVANA改」ベースの「WADJET」新版を提供 - ダークネットに対応

ディアイティは、情報通信研究機構(NICT)が開発したサイバー攻撃分析プラットフォーム「NIRVANA改」を商用化した「WADJET」の新版を7月より提供開始する。

20170525_di_001.jpg
「WADJET」の動作画面(画像:dit)

同製品は、組織内ネットワークを流れる通信をリアルタイムで観測し、各種セキュリティ機器からのアラートを集約してサイバー攻撃の状況を可視化する「NIRVANA改」をベースに、同社が独自に開発した自動防御機能を搭載したサイバー攻撃分析プラットフォーム。インシデント発生時には異常通信を遮断し、感染ホストを隔離する。

新版となる「同v2.0」では、NICTが開発したサイバー攻撃アラートシステム「DAEDALUS 」の商用版であるクルウィットの「SiteVisor」との連携を実現。

従来のライブネットだけでなく、ダークネットのアラートを可視化することが可能になった。また、可視化機能を充実させ、アラートの詳細をわかりやすく表示する機能も追加している。

(Security NEXT - 2017/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米Palo Alto、IoTセキュリティのZingboxを買収
システム開発の「Shift Left」を支援するコンサルサービス - BBSec
OTネットワークのリスク可視化サービス
CVSSとPoC公開状況から利用OSSへの影響を評価するSaaS - ビズリーチ
関連企業やSCのセキュリティ対策状況を可視化するサービス - NRIセキュア
A10ら、ビジネス版LINEの私的利用を防ぐソリューション
クラウドのセキュリティ状況を可視化するソリューション - チェック・ポイント
脅威情報を集約し横断分析する「CURE」を開発 - NICT
「Office 365」の監視サービス - NECソリューションイノベータ
制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー