Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

バッファロー、自社製品利用者向けにデータ復旧サービス - 保証期間中の軽度論理障害は無償

バッファローは、ハードディスクやSSDなどストレージ製品のデータ復旧事業に参入した。重度を除き、対象製品と障害レベルに応じて固定料金によるデータ復旧サービスを提供するとしている。

同事業では、ストレージ製品におけるデータの破損や損失といったトラブルに向けて復旧サービスを提供。同社「データ復旧センター」において、製品の状態と復旧の可能性を無料で診断し、費用の見積もりを提示するという。

自然故障のほか、誤って消去した場合にも対応。障害レベルを「軽度障害」「中度障害」「重度障害」に分類しており、軽度障害と中度障害については製品に応じて一律固定料金を設定した。ただし重度障害は、個別見積もりとなる。

また軽度の論理障害にあたるファイルシステム障害については、ユーザー登録をしていて製品保証期間内であれば無償で対応する。

対象となる製品は同社製のハードディスクやSSD、NAS、USBメモリ、SDカード、および同社製ドライブでデータを保存した光メディア。当面は同社製品のみ対象とするが、今後は他社製品も含めすべてのストレージ製品を対象にサービスを展開する予定。

(Security NEXT - 2017/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
個人データ侵害時におけるGDPRの報告書作成を支援 - PwC
日立、サイバー攻撃に特化したBCPソリューション
ネットエージェントとデジタルデータソリューションが業務提携 - ラックが資本参加
ジュニパー、SDSNプラットフォームにポリシー管理の自動化など追加
MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険
日立ソ、エンドポイントにおけるインシデントの分析や復旧を支援
富士通ら、NISTセキュリティ基準への対応を支援するコンサルサービス
NECネッツエスアイ、セキュアゲートウェイサービスに保険を付帯
動作記録とアラートから脅威を判断、対応支援するイスラエル製「SECDO」 - 丸紅ITSが発売