Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

福岡県で退職職員のマイナンバーを誤送付 - プログラムの不具合か

福岡県は、退職した教育庁職員の異動届出書に、誤って関係ない別の退職者のマイナンバーを記載して、退職者の居住する自治体へ送付していたことを公表した。

同県によれば、3月末に退職した職員の異動届出書804件に、誤って関係ない別の退職者21人のマイナンバーと生年月日を記載。4月14日に職員の居住する69自治体へ提出するミスがあったという。17日に提出を受けた複数自治体から連絡があり、問題が判明した。

誤って記載していたのは、住民税を給与から特別徴収していた職員。異動届出書は、住民税のシステムで作成しており、プログラムの不具合が原因となっている可能性があるとして、調査を進めている。

同県では、マイナンバーを誤記載した異動届出書の返送を自治体に依頼するとともに、対象となる退職者に謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2017/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マイナンバーカード盗難で職員3人を懲戒処分 - 横浜市
マイナンバーを異なる法人へ誤送信、システム処理ミスで - 上越市
マイナンバー含む課税資料を一時紛失、通知遅延も - 川崎市
マイナンバー業務で知った個人情報を不正利用、職員処分 - 横浜市
大阪府で児童扶養手当の決裁文書紛失が判明、2017年に5月発生 - 本籍や病歴、マイナンバーも
無関係の人事情報を取得した職員を懲戒処分 - 東松島市
交付前のマイナンバーカードと交付用端末が盗難 - 横浜市
ふるさと納税の寄付者に関するマイナンバーなど個人情報を紛失 - 丹波市
未受領で返送されたマイナンバー通知カードを紛失 - 川崎市
顧客のマイナンバーを委託先が誤って裁断 - 群馬銀