Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NICT、セキュリティ技術を生み出せる技術者を育成 - U-25向けに「SecHack365」を始動

情報通信研究機構(NICT)は、セキュリティ技術を開発できる人材の創出を目指し、25歳以下を対象としたハッカソン「SecHack365」を開講する。

4月1日に設置した新組織「ナショナルサイバートレーニングセンター」を通じて提供するもの。技術力を持つセキュリティ研究者や開発者の育成を目的としたプログラムとなっている。

同プログラムでは、ブラックボックス化した海外製品を運用するだけではなく、あらたにセキュリティ技術や製品を開発できる人材の育成を目指すと説明。

高専、大学と連携し、通年の遠隔開発実習にくわえ、5月から2018年3月にかけてハッカソンをはじめとする演習、技術者との交流、先端企業の見学など全国で7回のイベントを予定している。

20170403_ni_002.jpg
プログラムのコンセプト(画像:NICT)

(Security NEXT - 2017/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

厚労省と年金機構、年金情報流出問題の対策状況を取りまとめ
シスコ、セキュリティ人材育成に向けた「スカラシッププログラム」
ラック、新卒採用で新たな試み - CTF突破で「即!西本面接」
「情報処理安全確保支援士」の初回登録者、平均年齢は40.5歳 - 10代が4人
IPA、産業サイバーセキュリティセンターの運用を開始 - 模擬プラント演習なども
「情報セキュリティ先進県」目指す大分県がIPAと協定 - 目標は今後5年間で登録セキスペ100人輩出
過去5年間に8.6%が営業秘密漏洩を経験 - 損害1000億円以上のケースも
政府、「サイバーセキュリティ人材育成プログラム」でパブコメ実施
情報処理安全確保支援士試験、初回応募者2.5万人 - 前回SC試験から2割減
改正個人情報保護法に対応済み企業は1割未満 - 「春までに対応」6割