Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中小企業の6割、従業員教育「実施していない」 - セキュリティポリシー用意は14%

中小企業の6割は、従業員に対してセキュリティに関する教育を実施していないことがわかった。セキュリティポリシーを文章化している中小企業の割合は14%に過ぎず、従業員20人以下の場合は、8.2%と1割に満たないという。

情報処理推進機構(IPA)が中小企業を対象に実施したセキュリティ対策に関する実態調査で明らかになったもの。

2016年10月から2017年2月にかけて、郵送やウェブによりアンケート調査を実施。従業員300人以下の中小企業の経営層3000人のほか、ITやセキュリティの担当者558人、一般社員594人などあわせて4318人が回答した。

自社のセキュリティ対策について十分であるか尋ねたところ、肯定的な回答は39.3%。規模別に見ると、従業員20人以下の小規模企業で36.1%、100人以下の企業で41.9%、101人以上の企業で52.2%だった。

セキュリティ対策の専門部署または担当者がいる割合は38.4%。小規模企業は27.8%、100人以下の企業は47.9%、101人以上の企業は72.4%だった。

20170403_ip_003.jpg
自社の情報セキュリティ対策は十分だと思うか(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2017/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

大阪商工会議所ら、中小企業狙うサイバー攻撃を実態調査 - 通信データ収集分析
政府、セキュリティ経営や人材育成で報告書 - パブコメ実施
個人情報保護委と経産省、GDPR対応へ向けた参考資料を公開
中小企業向けテレワークのセキュリティガイドライン - CSAJ
5分学習ツールに新コース - テーマはIPAの「情報セキュリティ5か条」
企業における暗号化製品の導入率は45% - 中小3割に満たず
中小企業を対象としたセミナーが全国7カ所で開催
東京都、ガイドブック「中小企業向けサイバーセキュリティ対策の極意」を配布
中小企業向けに改正個人情報保護法を解説 - チェックリストも
中小企業の5.1%がマルウェア感染を経験 - 被害は「データ破壊」が最多