Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省ら、ISP経由でマルウェア感染者に注意喚起 - 欧州大規模掃討作戦で得られた情報を活用

マルウェア感染の被害者は180カ国以上で確認されている。関連するマルウェアファミリーは、20種類と多岐にわたり、被害額の算定は難しいが、少なくともドイツ国内だけで600万ユーロ、世界規模で数億ユーロにのぼると見られている。

今回、警察庁が同作戦によって得られたマルウェアの感染端末情報について提供を受けたもので、総務省では同庁と連携。ICT-ISACと協力して「ACTIVE」を通じ、国内ISP事業者経由で端末の利用者に対して注意喚起を実施。

マルウェア感染の確認や、インターネットバンキングのパスワード変更などセキュリティ対策を実施するよう呼びかける。

(Security NEXT - 2017/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

機械学習で攻撃元IPや攻撃種類を予測するサービス - TED
RDPに総当たり攻撃するボット「GoldBrute」 - 試行ごとに異なるIPアドレス
フロント企業で人材確保していた「FIN 7」 - リーダー逮捕後も活動継続
脆弱性で感染広げるボットネット「Muhstik」 - 「WebLogic」を標的に
「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる
アダルトサイト有料会員狙う攻撃が拡大 - ダークウェブで売買されるアカウント
画像ファイルに悪用コード隠す「ステガノグラフィ」 - 無償ツールが拡大後押しか
ボットネット「Cutwail」、日本狙うメール攻撃に新展開 - 画像に命令埋め込む「ステガノグラフィ」を悪用
日本語メールで不正「iqyファイル」が大量流通 - 国内IPでのみ感染活動を展開
カスペルスキーのサイバー脅威マップが日本語対応