Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Struts 2脆弱性」を攻撃された特許情報サイト「J-PlatPat」が再開 - 情報漏洩を否定

20170322_jp_001.jpg
サービスが再開された「J-PlatPat」

工業所有権情報・研修館(INPIT)は、不正アクセスを受けて停止していた許情報提供サイト「J-PlatPat」を再開した。

同サイトでは、特許や商標など知財に関する公報や審査情報の検索サービスを提供しているが、外部からの不正アクセスを3月9日に検知し、サービスを停止していた。

今回の不正アクセスでは、同サイトで利用する「Apache Struts 2」の脆弱性に対して攻撃が行われたが、ウェブサイトで扱う情報は公開情報のみに限られることから、情報漏洩については否定している。

同法人では、セキュリティ対策を講じ、3月17日よりサービスを再開。また今回の問題にともない、当初予定していたメンテナンスや機能追加を延期した。

(Security NEXT - 2017/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

目立つ「HeartBleed」関連インシデント - ラック報告
「Struts 2」に対する脆弱性攻撃が発生 - 3月の攻撃と類似点も
深刻な脆弱性で「Apache Struts 2.3」系もアップデート - 緩和策も
「Apache Struts 2」の公開済み脆弱性、ラックでは攻撃未確認
「Apache Struts 2.5.13」がリリース - 深刻な脆弱性など修正
「Apache Struts 2」の脆弱性、悪用コードが公開済み - 関連機関が注意喚起
「Apache Struts 2」関連のインシデント検知が増加 - ラック
「Apache Struts 2」にリモートより攻撃可能な脆弱性 - 「Struts 1 Plugin」利用時に影響
国交省関連サイトへの不正アクセス - 流出被害は未確認
不正アクセス被害の住宅金融支援機構関連サイト、約3カ月ぶりに再開