Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Struts 2」の脆弱性、一部代替パーサーでも攻撃が成立

「Apache Struts 2」の「Jakartaマルチパートパーサー」に深刻な脆弱性が見つかった問題で、代替として挙げられていたパーサーを利用した場合にも、脆弱性の影響を受けることがわかった。

「Jakartaマルチパートパーサー」において任意のコードが実行可能となる脆弱性「CVE-2017-5638」が、3月6日に判明したもの。脆弱性を悪用する攻撃も発生しており、国内でも被害が広がっている。

デフォルトで利用する「Jakartaマルチパートパーサー」に関して、代替のパーサーを利用することで攻撃の影響を回避できるとされていたが、JPCERTコーディネーションセンターが検証を行ったところ、代替のひとつに挙げられていた「JakartaStreamMultiPartRequest」を利用しても、脆弱性の影響を受けるバージョンの「Apache Struts 2」を利用している限りは、脆弱性に対する攻撃が成立することが判明したという。

また同センターは、今回の脆弱性に関連すると見られる攻撃について継続的に報告が寄せられていると指摘。影響を受けるソフトウェアを利用している場合は、修正済みバージョン「同2.3.32」「同2.5.10.1」へアップデートするなど、早急に対策を講じるよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

目立つ「HeartBleed」関連インシデント - ラック報告
「Struts 2」に対する脆弱性攻撃が発生 - 3月の攻撃と類似点も
深刻な脆弱性で「Apache Struts 2.3」系もアップデート - 緩和策も
「Apache Struts 2」の公開済み脆弱性、ラックでは攻撃未確認
「Apache Struts 2.5.13」がリリース - 深刻な脆弱性など修正
「Apache Struts 2」の脆弱性、悪用コードが公開済み - 関連機関が注意喚起
「Apache Struts 2」関連のインシデント検知が増加 - ラック
「Apache Struts 2」にリモートより攻撃可能な脆弱性 - 「Struts 1 Plugin」利用時に影響
国交省関連サイトへの不正アクセス - 流出被害は未確認
不正アクセス被害の住宅金融支援機構関連サイト、約3カ月ぶりに再開