Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスによる流出件数について精査 - GMO-PG

GMOペイメントゲートウェイは、運用を受託していたトヨタファイナンスの「都税クレジットカードお支払サイト」や、住宅金融支援機構のクレジットカード支払いサイトが不正アクセスを受けた問題で、被害規模の精査を進めている。

同社が運営していたウェブサイトが「Apache Struts 2」の脆弱性「CVE-2017-5638」を突かれ、不正アクセスを受けたもの。

同社では、「都税クレジットカードお支払サイト」では、クレジットカードの番号、有効期限など67万6290件が流出した可能性がある。住宅金融支援機構に関しても、4万3540件のクレジットカード情報が流出した可能性があることをすでに公表しているが、いずれものべ人数による最大数であり一部重複もあるとして、被害件数を精査している。

また同社では、今回の不正アクセスに関して、外部事業者によるシステムのフォレンジック調査を現在進めているほか、24時間体制で顧客からの問い合わせに対応している。

(Security NEXT - 2017/03/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - HB-101ネットショップ
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
セキュリティコード含むクレカ情報流出の可能性 - ゴルフ用品通販サイト
不正アクセス受けたFostex通販サイトが再開 - 詳細が判明
セキュリティコード含むクレカ情報が流出 - フルッタフルッタ
セシール通販サイトに再度不正ログイン - ポイント不正交換や情報改ざんが発生
米信用機関で個人情報1.4億件が流出 - 便乗フィッシング攻撃に懸念
茶類の通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 「Magento」の脆弱性突かれる
ECサイトのASPサービスに不正アクセス - 複数サイト顧客のクレカ情報が流出
PWリスト攻撃で顧客情報改ざん、第三者クレカ情報が不正登録