Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

都税支払サイトからクレカ情報67.6万件が流出か - 「Apache Struts 2」の脆弱性突かれる

「都税」をクレジットカードで払うことができる「都税クレジットカードお支払サイト」が不正アクセスを受け、クレジットカード情報が外部へ漏洩したおそれがあることがわかった。「Apache Struts 2」の脆弱性が突かれたという。

同サイトは、クレジットカードを利用し、インターネット上で都税を支払うことができるサービス。都税収納代行業務の指定代理納付者であるトヨタファイナンスが提供するサービスで、同社の委託によりGMOペイメントゲートウェイがサイトを運営している。

今回同サイトに対する不正アクセスが明らかとなったもので、クレジットカードの番号、有効期限など67万6290件が流出した可能性がある。さらにそのうち61万4629件についてはメールアドレスが含まれる。

3月6日に「Apache Struts 2」に脆弱性「CVE-2017-5638」が判明。修正プログラムがリリースされるとともに、セキュリティ機関が注意喚起を行ったが、GMOペイメントゲートウェイが3月9日に同脆弱性の影響についてシステムを調べたところ、同サイト上に悪意あるプログラムが設置されていたことが判明したという。

同社では、関連する利用者について、対象クレジットカード会社と協議の上、対応を進める。またセキュリティ事業者による調査を進めるとともに、警察の捜査へ協力していく。

(Security NEXT - 2017/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

5年前に終了したプリントゴッコ通販サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出
診療予約サービスに不正アクセス - 患者情報約60万件が流出か
不正アクセス受けたFostex通販サイトが再開 - 詳細が判明
セキュリティコード含むクレカ情報が流出 - フルッタフルッタ
不正アクセスで視聴者情報37万件が流出か - TOKYO MX
従業員メールアカウントに不正アクセス、顧客情報を閲覧か - 四国スバル
Fostex通販サイトで顧客情報流出か - ECシステムに不正アクセス
米信用機関で個人情報1.4億件が流出 - 便乗フィッシング攻撃に懸念
茶類の通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 「Magento」の脆弱性突かれる
ECサイトのASPサービスに不正アクセス - 複数サイト顧客のクレカ情報が流出