Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

都税支払サイトからクレカ情報67.6万件が流出か - 「Apache Struts 2」の脆弱性突かれる

「都税」をクレジットカードで払うことができる「都税クレジットカードお支払サイト」が不正アクセスを受け、クレジットカード情報が外部へ漏洩したおそれがあることがわかった。「Apache Struts 2」の脆弱性が突かれたという。

同サイトは、クレジットカードを利用し、インターネット上で都税を支払うことができるサービス。都税収納代行業務の指定代理納付者であるトヨタファイナンスが提供するサービスで、同社の委託によりGMOペイメントゲートウェイがサイトを運営している。

今回同サイトに対する不正アクセスが明らかとなったもので、クレジットカードの番号、有効期限など67万6290件が流出した可能性がある。さらにそのうち61万4629件についてはメールアドレスが含まれる。

3月6日に「Apache Struts 2」に脆弱性「CVE-2017-5638」が判明。修正プログラムがリリースされるとともに、セキュリティ機関が注意喚起を行ったが、GMOペイメントゲートウェイが3月9日に同脆弱性の影響についてシステムを調べたところ、同サイト上に悪意あるプログラムが設置されていたことが判明したという。

同社では、関連する利用者について、対象クレジットカード会社と協議の上、対応を進める。またセキュリティ事業者による調査を進めるとともに、警察の捜査へ協力していく。

(Security NEXT - 2017/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセス被害の「B.LEAGUE」、4カ月ぶりにクレカ決済を再開
マネースクウェア・ジャパン、顧客情報約11万件の流出を確認
庁内システムへの不正アクセスなどで職員を処分 - 新潟県
関東財務局、顧客情報流出でM2Jに行政処分 - 新規口座開設を当面停止
M2J、顧客情報約2500件の流出が判明 - 1年前にも顧客情報約11万件が不正アクセスを受けた可能性
ソフバンテク、内部でマルウェア感染を確認 - 取引先情報含むサーバへ不正アクセス
投資情報サイトに不正アクセス、クレカ情報が流出か - 公表中止で混乱も
5月に通販サイトへ不正アクセス、クレカなど個人情報が流出か - 日本文化センター
FX取引サービスのM2Jに不正アクセス、顧客情報流出か - ログインPW流出は否定
スパリゾートハワイアンズの通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出