Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中学校の廃棄HDD、ネットオークションで流通 - 美濃加茂市

岐阜県美濃加茂市の中学校が廃棄したハードディスクが、インターネットのオークションで販売されていたことがわかった。ハードディスクには、生徒の氏名が保存されていたという。

同市によれば、市内の中学校が2016年8月に事業者を通じて廃棄処分したハードディスクが、ネットオークションで転売されていたもの。同年11月にハードディスクの購入者から連絡があり、問題が発覚し、同市では購入者から同ハードディスクを回収した。

問題のハードディスクは、同校が授業で使用していたサーバに内蔵されていたもので、生徒と教諭の氏名750件が残存していたという。事業者との契約では、データを消去し、物理的に破壊することになっていたが、事業者が契約に反して、適正な廃棄処理をしていなかったと見られる。

同市では、関係する生徒に対し説明会を実施。情報機器の廃棄処理に関する手順の見直しを行うほか、流出経路や事実関係の調査を行った上で事業者への損害賠償請求を行うとしている。

(Security NEXT - 2017/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校4校の児童個人情報含むHDDを紛失 - 気を失った間に持ち去り
私立保育園で園児の画像や動画含むカメラが所在不明 - 大阪
患者の個人情報、委託先が持ち出し紛失 - 高知大病院
元従業員が顧客情報を持出、持ち込まれた業者の通報で発覚 - GMOメイクショップ
PCから内蔵HDDが抜き取られ盗難 - 神奈川大
職員が持出データを酒に酔って紛失 - 川口市
法人顧客情報21万件を含むHDDを紛失 - 東電PG
委託先で患者情報含むHDDなどが盗難 - 伊勢崎市民病院
NICTがNTT-ATを指名停止処分 - HDD紛失で
総務省の研究データ、委託先で所在不明に - 機微情報の有無を調査