Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

健保組合向けサービス「KenCoM」に不正ログイン - ポイント不正利用も

DeSCヘルスケアの健康保険組合向けサービス「KenCoM」が不正アクセスを受け、ポイントを不正に利用される被害が発生していたことがわかった。

同社によれば、2月6日夕方、健康保険組合向けのウェブサービスにおいて、本来の利用者とは異なる第三者が不正にログインを試みる「パスワードリスト攻撃」を受けたもの。

2月10日までの時点で435件のアカウントがなりすましによるログインを許し、氏名や健康保険組合名などが閲覧されたほか、総額2万4400円相当のポイントが不正に交換されたという。現在、サービスは一時的に停止している。

同社では、今回の不正ログインで使用されたアカウント情報について、同社以外で入手されたものであると説明。対象となる会員に、パスワードの再設定に関する案内を行っている。

(Security NEXT - 2017/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

法人向けウイルスバスターに後継製品、インシデント対応機能を統合
通信事業者向けにソリューション「TMCC」 - トレンド
「Windows Defender ATP」と「SOC」を連携させたMSS - NTTコム
PWリスト攻撃によるログイン試行を検知 - ディノス・セシール
EDRを機能強化、マネージドサービス「MEDR」も - シマンテック
なりすまし仮会員登録、約7時間に約29万件 - サンドラッグ
「おさいふPonta」にパスワードリスト攻撃、1時間に約30万件 - 一部で残高の不正移行
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
顧客へのアクセス権限持つMSP、APT攻撃の標的に - 米政府が警鐘
WAONのポイント不正移行、被害者数を上方修正 - 個人情報流出の可能性も