Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

英Sophos、米Invinceaを買収 - 機械学習による脅威検知技術を取得

英Sophosは、米Invinceaを買収したと発表した。マシンラーニングによる脅威検知技術を取得し、同社のエンドポイント製品に活用するという。

今回買収されたInvinceaでは、主力のエンドポイント製品「X by Invincea」において、ニューラルネットワークによるディープラーニング技術を活用。定義ファイルに依存せずにマルウェアや攻撃を検知、防御する技術を備えているという。

Sophosでは、ネットワークとエンドポイントのセキュリティが連携して脅威を防ぐ「Synchronized Security」戦略を展開しており、今後はInvinceaのマシンラーニング型マルウェア検出技術をエンドポイント製品に統合。セキュリティ管理プラットフォーム経由でInvinceaの技術が利用可能になるとしている。

(Security NEXT - 2017/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ラック、中小企業を視野に入れたクラウドべースセキュリティ監視サービス
BBSec、ウェブサーバの負担抑えた脆弱性診断サービス
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
「Cylance」がコンシューマー向け製品を投入
ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用
サーバ向けマルウェア対策製品「Sophos Intercept X for Server」 - ソフォス
プロキシログから攻撃を検出するイスラエル製ソリューション「SecBI」 - IWI
組織に潜伏するマルウェアを発見する新サービス - PwC-CS
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
アナリスト向け国内カンファレンス「JSAC 2019」が開催決定 - 論文募集を開始