Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

英Sophos、米Invinceaを買収 - 機械学習による脅威検知技術を取得

英Sophosは、米Invinceaを買収したと発表した。マシンラーニングによる脅威検知技術を取得し、同社のエンドポイント製品に活用するという。

今回買収されたInvinceaでは、主力のエンドポイント製品「X by Invincea」において、ニューラルネットワークによるディープラーニング技術を活用。定義ファイルに依存せずにマルウェアや攻撃を検知、防御する技術を備えているという。

Sophosでは、ネットワークとエンドポイントのセキュリティが連携して脅威を防ぐ「Synchronized Security」戦略を展開しており、今後はInvinceaのマシンラーニング型マルウェア検出技術をエンドポイント製品に統合。セキュリティ管理プラットフォーム経由でInvinceaの技術が利用可能になるとしている。

(Security NEXT - 2017/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
セキュリティ専門家のノウハウを機械学習、SOCに活用 - SBT
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
ラテラルムーブメントなど普段と異なる行動を検出する新製品 - マカフィー
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」
受講者に則した演習環境を自動生成する「CYDERANGE」を開発 - NICT
オンライン機械学習の分散処理基盤「Jubatus」に2件の脆弱性
「NIRVANA改」ベースのサイバー攻撃可視化システムに機械学習エンジンを追加 - dit
サイバーリーズン、EDRとマルウェア対策を統合したセキュリティプラットフォーム
Darktrace、ICSや重要インフラの脅威検知に注力