Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

英Sophos、米Invinceaを買収 - 機械学習による脅威検知技術を取得

英Sophosは、米Invinceaを買収したと発表した。マシンラーニングによる脅威検知技術を取得し、同社のエンドポイント製品に活用するという。

今回買収されたInvinceaでは、主力のエンドポイント製品「X by Invincea」において、ニューラルネットワークによるディープラーニング技術を活用。定義ファイルに依存せずにマルウェアや攻撃を検知、防御する技術を備えているという。

Sophosでは、ネットワークとエンドポイントのセキュリティが連携して脅威を防ぐ「Synchronized Security」戦略を展開しており、今後はInvinceaのマシンラーニング型マルウェア検出技術をエンドポイント製品に統合。セキュリティ管理プラットフォーム経由でInvinceaの技術が利用可能になるとしている。

(Security NEXT - 2017/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

エフセキュア、法人向けエンドポイント製品に新版 - 「ディープガード」に機械学習を応用
日立とNEDO、多層的な監査で異常検知する新技術 - 制御システム向けに提供
組織内部で隠密活動するマルウェアを検知するAI技術 - 富士通研
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
トヨタとカリウス、モビリティにおける本人特定技術を共同開発
マカフィー、サンドボックスやSIEMなど法人向け製品に新版
「FFRI yarai」に新版 - ファイルレスマルウェア対策を強化
CTC、機械学習を活用するSentinelOne製EDRを国内で販売
ソフトバンクC&S、機械学習でIoT機器の異常を検知「ZingBox」
「IBM Watson for Cyber Security」がベータプログラム - 40組織が参加