Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Azure ML」に脆弱性 - 悪用痕跡見つからず、すでに修正済み

機械学習環境を構築、実装できるMicrosoftのクラウドサービス「Azure Machine Learning(AML)」に情報漏洩などが生じるおそれがある脆弱性が含まれていたことがわかった。すでに修正を終えているという。

同サービスにサーバサイドリクエストフォージェリ(SSRF)の脆弱性やパストラバーサルの脆弱性が存在したもの。複数のセキュリティベンダーから4月に同社へ報告が寄せられたという。

内部IPアドレスを含め、HTTPクライアントによる不正なリクエストを許す可能性があり、情報漏洩やサービスの拒否が生じるおそれがあった。セキュリティ対策を講じていたものの、検証を回避しており、悪用が可能だった。

同社は脆弱性の悪用状況について調査を行ったが、悪用や侵害の痕跡は見つからなかったと説明。

現地時間5月9日にクライアントからの入力やHTTPリダイレクトにおける検証機能を実装することで修正しており、利用者が特に対策などを講じる必要はないとしている。

また今回の問題でセキュリティ面のより強力な制御が必要であることが明らかになったとし、サービス間におけるネットワークトラフィックを評価し、より厳格な制御を適用できるよう機能強化などを図っていく方針を示した。

(Security NEXT - 2024/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市