Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファミリーマートで未使用チケット用紙が盗難 - 偽造チケット流通のおそれ

ファミリーマートのフランチャイズ店舗から未使用のチケット用紙が盗まれ、偽造チケットとして使用されたことがわかった。同社では被害拡大を防ぐため、チケットに印字された管理番号を公開している。

同社によれば、東京都内のフランチャイズ店舗に納品されたチケット用紙が利用され、2016年末にロッキング・オン・ジャパンが開催した「COUNTDOWN JAPAN 16/17」の偽造チケットに利用されていたことが1月11日に発覚したという。

その後の調査で、3店舗において盗難や紛失により、未使用のチケット用紙が所在不明となっていることが判明。今後偽造チケットが流通する可能性があるという。

チケット用紙の背面には8桁の管理番号が記載されており、同社は対象となる番号を公開し、注意を呼びかけている。

偽造チケットとして使用される可能性のあるチケット管理番号は以下のとおり。

 c2413001〜c2413200
 c4830601〜c4830800
 91074601〜91074800
 b1223601〜b1223800

20170209_fm_001.jpg
番号の記載場所(画像:ファミリーマート)

(Security NEXT - 2017/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年2Qのクレカ不正被害額、1.2億円増 - 番号盗用が8割
クレカ被害、番号盗用の割合が8割超に - カード偽造被害は5.6%
2017年4Qのクレカ不正使用被害は59.6億円 - 2017年は前年比約1.7倍に
横河電機の制御システムに脆弱性 - 一部は要マイグレーション
決裁文書を紛失して虚偽報告、職員を処分 - 原子力規制委員会
OpenSSLのアップデートがリリース - 脆弱性3件を解消
SiSOC TOKYOとDDS、皮膚の微細構造を用いる指紋認証
クレカ取引の「セキュリティ実行計画2018」が策定 - 改正割販法の要件に
総務相、自治体へマイナンバー制度の推進を要請
広く利用される暗号化ライブラリに脆弱性「ROCA」 - 鍵長1024ビットなら解析コストは1万円以下