Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ情報の共有に特化したソーシャルネットワーク基盤 - 日立システムズ

日立システムズは、参加組織間でセキュリティ情報を共有できるソーシャルネットワーク基盤を発表した。3月末までに販売を開始する予定。

同サービスは、企業や組織間でサイバーセキュリティに関する情報を共有できるソリューション。英Surevineの情報共有基盤「Threatvine」を活用している。

情報の暗号化やアクセス権の管理に対応するほか、匿名による投稿もサポートしており、参加者によるコミュニティ内での情報共有を促す。英国では、政府関係機関をはじめ2000以上の企業や組織が利用しているという。

また同社では「Threatvine」にあわせて、セキュリティ情報や脆弱性情報を提供。同サービスの基盤提供にくわえ、同社が運営を行うサービスモデルも用意する。

(Security NEXT - 2017/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットサービスの不正予兆検知サービス - 不正決済やマネロン、PWリスト攻撃に対応
小中学生向けウェブ検定サービスの2019年度版 - カスペと静岡大
ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
ラックとNEC Asia Pacificが協業 - 中堅中小向け監視サービスを展開
公衆Wi-Fi利用者向けVPNサービスに固定IPオプション - ALSI
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
ファイル送受信サービス「クリプト便」にファイル共有オプション
アクロニス、バックアップソフトに新版 - ランサム対策を強化
アラートのトリアージを支援する「McAfee Investigator」を実証実験 - マカフィー
Firefoxとセキュリティ専門家がタッグ、アカウント漏洩チェックツールを開発中