Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応

米Boxは、同社オンラインストレージサービス向けのセキュリティ対策オプション「Box Shield」において、マルウェア対策機能を強化した。

ファイルを分類するラベルを自動適用し、セキュリティポリシー違反などを検知して情報漏洩を防ぐ「Box Shield」の機能強化を実施したもの。

従来よりハッシュ値を用いたマルウェアの検査に対応していたが、新機能「マルウェアディープスキャン」を追加し、機械学習によるファイル検出に対応。検出精度の向上を図った。新エンジンが独自開発であるか、外部ベンダーからの採用であるかは、明らかにしていない。

ユーザーによるファイルのアップロードはもちろん、更新、ダウンロード、プレビュー、共有、コピー、移動時に新旧コンテンツを検査するほか、対象ユーザーがアクセスする外部コンテンツや組織内で共有する外部ソースの分析にも対応しているという。

あわせて「Box Shield」の「アラート」機能についても強化。不審なダウンロードなどユーザーの異常な行動パターンを検知して警告することが可能となった。管理者に対してリスクがあると判断したか理由についても示すとしている。

(Security NEXT - 2021/10/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
個別の脅威調査に応じるチケット制サービス - カスペルスキー
個人用ESETに新バージョン - 上位Windows版にクラウドサンドボックス
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
アップデートでルータにセキュリティ機能を追加 - アライドテレシス
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
サンドボックスなど利用したクラウド向け脅威対策サービス - NTT東
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック
東京商工会議所、会員向けセキュ対策でコンソーシアムを発足
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス