Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2015年の国内セキュリティ市場は8965億円 - 前年比6.4%増

2015年の国内における情報セキュリティ市場規模の推定額は8965億円で、前年比6.4%増と堅調に推移した。今後の成長によっては、2017年に市場規模が1兆円に達する可能性も出てきている。

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)が市場調査の速報値を発表したもの。同協会では、2004年よりセキュリティ市場の動向について調査、公開している。

同協会によれば、2015年度のセキュリティ市場は、セキュリティツール市場が4705億円、セキュリティサービス市場が4259億円で合計8965億円。2014年の8428億円から6.4%の伸びを見せた。

2016年度は前年比4%の成長を見込んでおり、市場規模を9326億円と分析。2017年度は前年比5%増と堅調に推移し、9795億円へ達すると予測している。

またセキュリティ分野へより積極的な投資が行われ、2016年度、2017年度と現在の予測を上回った場合、2017年度に市場規模が1兆円に達する可能性もある。

2015年度のセキュリティツール市場を製品別に見ると、「コンテンツセキュリティ対策製品」で1767億円で、セキュリティツール市場の37.6%を占める。次いで「アイデンティティ、アクセス管理製品」が843億円、「システムセキュリティ管理製品」が702億円と続く。なかでも「アイデンティティ、アクセス管理製品」が前年比9.2%と市場を牽引したという。

セキュリティサービス市場では、「セキュリティ運用、管理サービス」がもっとも多く、全体の41%にあたる1742億円。次いで「セキュアシステム構築サービス」が1323億円、「情報セキュリティコンサルテーション」が806億円となった。成長率が顕著だったのは「セキュリティ運用、管理サービス」で、前年比39.1%増と高い伸び率を記録している。

(Security NEXT - 2017/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ESET、日本法人をキヤノンITSと設立 - 2019年にはEDRやサンドボックスなど投入
盗難クレカ、流通量多い上位20カ国の平均相場は10.95ドル
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か
CSIRT構築運用支援サービスの市場規模は72.3億円 - 前年度比18.7%増
2017年度のEDR運用サービス市場は3.5億円 - 2022年には50億円規模に
2017年度の国内DDoS攻撃対策サービス市場、前年度比28.9%増
2017年度の国内セキュリティサービス市場は2749億円 - 前年度比13.8%増
セキュリティ製品やサービスの国内市場、いずれも5%増と堅調
情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増
2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調