Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

電気通信事業者向け個人情報保護ガイドライン案でパブコメ実施

総務省は、「電気通信事業における個人情報保護に関するガイドライン」とその解説に関する改正案を公開した。2月17日まで意見を募集している。

同省では、2015年11月より「改正個人情報保護法等を踏まえたプライバシー保護検討タスクフォース」を開催。

通信の秘密や個人情報の適正な取り扱いについて、電気通信事業者が遵守すべき義務を定めた「電気通信事業における個人情報保護に関するガイドライン」において改正が必要となる項目を検討し、パブリックコメント案として公開した。

また同ガイドラインの解説についても、2月17日までパブリックコメントを実施する。意見は電子政府の総合窓口「e-Gov」の意見提出フォーム、メール、郵送、ファックスで受け付ける。締め切りは2月17日必着。

(Security NEXT - 2017/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SBISecSolとNECで新会社、金融機関向けソリューションを展開
台風19号被災者の携帯電話契約、本人確認方法に特例
IoTセキュリティ対策の進捗状況と今後の課題を取りまとめ - 総務省
「情報セキュリティ早期警戒パートナーシップガイドライン」に2019年版
GDPR「適正に個人情報を移転」は34% - 3分の1は未対応
カードセキュリティの実行計画2019年版 - 非保持でも対策の必要性言及
総務省、電気通信事故の報告基準を改正 - 「LPWA」の基準を制定
「個人情報の保護に関する法律についてのガイドライン」通則編が改正
改正サイバーセキュリティ基本法が成立 - 「サイバーセキュリティ協議会」創設など
NICT、脆弱IoT機器調査の検討に向け事前調査 - 11月14日から